2005年08月29日

報道

 自民党は28日夜、郵政民営化法案に反対した前衆院議員への対立候補について、「刺客」という言葉を使わないよう報道各社に文書で申し入れたみたい。
 詳しくはこちら。

http://www.asahi.com/politics/update/0828/009.html

 報道側は受け入れるのかな?
 まぁ、明日から新聞読む楽しみも増えたってことで。ただ、仮に一部の報道機関が守ったとしても、タブロイドとかはバンバン使いそうだけどな。
 ってか、報道各社ってどこまでなんだろうね? たとえば、記者クラブの会員だけ、とかなのかな?

↓↓↓ 投票おね!
人気blogランキング
posted by 手嶋 at 02:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

広告代理店

 先日、ひょんなことから知り合いになった広告代理店の社長さんと、新宿ヒルトンホテルでビュッフェランチ。

050827hiru1.JPG

050827hiru2.JPG

 昼間からお酒を飲む私をみて、その社長さんが「手嶋さんは、誰にビジネスを教わったんですか?」と質問してきた。
 私は、出身である朝日ネットの話や、何人かの影響を受けた社長さんの話などをしていると「その人たちは昼間から飲むんですか?」とツッコミが入る。

 ごめん、昼間から飲むのは、独学だった(≧∀≦*)

 この社長さんは面白い人で、かなーり仕事できそう。
 私はクライアントと直取引じゃないと仕事をしないことにしているけど、この人なら、ちょっと一緒に仕事をしてみたいと思っている。「毎週、木曜日に勉強会をしているから手嶋さんもおいでよ」と誘ってもらったので、再来週あたりにビールを持って、お邪魔する予定。


↓↓↓ 投票おね!
人気blogランキング
posted by 手嶋 at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

5万円ちょーだい

 5年くらい前かな。
 元国営の某上場企業の子会社から、システム開発の仕事を受けた。
 今日は、その時のちょっとしたトラブルの話。

 起業当時だった。
 銀座並木通りの、ボロボロの狭いビルで、毎日よく働いていたあの頃、私は大手企業との取引実績というものに憧れていた。
 別に、取引先が大手だからって、あまりアドバンテージにはならないのだけどね。

 さらに言えば、その手の実績がアドバンテージになるようなフィールドで勝負するのは、王道すぎて、かなり辛い戦いになる。
 ネット黎明期のキノトロープみたいな、最初とりあえず無料でも大きいところ作っちゃう、みたいな方法はいいとして、今から「大手のサイトもやりました」というのはなぁ、と思う。
 
 あくまで私の体感だけど、大手企業と取引をしていると、どんないいことがあるか?
 結論から言うと、あると思えばあるし、ないと考えるとない。その程度のもんだ。

 具体的にあげてみると、社員募集がちょっとだけ、しやすい。
 SOHOに発注するときに、ちょっとだけ、はったりになる。
 客先で「ほうほう」くらいは言われる。
 Webに掲載すると、実績の会社よりも、ランクが1か2レベルくらい下のところから、引き合いは増える傾向にある気がする。そして、その半分以上は出来レースのコンペのような気がする。

 話を戻そう。
 その元国営の大企業の仕事は、それほど大きいものじゃなかった。総額で50万円とか、そんなもんじゃないかな?

 で、ミスが発生した。
 システムの問題ではない。
 見積書で提示した金額よりも、請求書の段階で5万円多くなってしまった。
 ページ単価で計算していると、たまにこういうミスが起こる。いまはページ数で見積もりとか、馬鹿なことしてないけど、当時は「なんでも数を数えていた」から。

 担当者からが電話があった。
「手嶋さん、手嶋さん、5万円ほど違ってます」
 私は「確認して、折り返す」みたいなことを言おうとしたんだけど、このときの担当者の様子は、かなり、おかしかった。
 以下のようなことを、ほとんど一気にまくしたてられた。
 早口である。
「で、いまさら、5万円をこちらの会社に戻してもらっても、経理上アレですし、手嶋さんのところも面倒でしょう。ということで、5万円分のビール券を届けてくれませんか?」
 要約すると、こんな感じだ。

 元国営とはいえ、もう民間企業であるから、まぁ、汚職ではないのかもしれないが(元国営企業って特別な法律があることが多いから、そのあたりよく分からんのだけど)、相当にしてグレーというかアンモラルな話だ。

 当時は清濁併せ呑むみたいな雰囲気にはなれずに、会社ではなく、自分の給与から5万円のビール券を買って、その担当者に届けた。

 当時はムカムカというか、気分が悪かったんだけど。その金額の少なさとか、早口のみっともなさ、みたいなものが。
 でも、思い出すと、小市民的な悪事というか、ちょっとした「抜き」がかわいくて、ほのぼのした気分になる。

 でも、今日、この話は、良い悪いを論じたいのではない。

 いまの自分ならどうするか? と考えたとき。

 はっきりと「そういう後ろ暗いのはイヤですから、会社にお返しします」と断るか、あるいは「それより、もっと大きく二人で儲けませんか?」のどっちかが、良いと思う。

 いまは社長さんとの直接取引きしかしていないので、こういう事態にはまずならないのだけどね。


 ↓↓↓ クリックしておくれ。
人気blogランキング
posted by 手嶋 at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

大阪から

 オンラインゲームで知り合った友達が、大阪から遊びにきている。
 仮名Vとしておこう。

 昨日は、家の近所の居酒屋で飲んだ。

v2.jpg

 上の写真はたぶん、12時くらい。

v1.jpg

 こっちは、3時間後の朝方3時。あまり変化はないが、さすがに4時間くらい飲んでいるので、疲れてきた。
 少ししょぼーんとしている。

 仮名Vの顔にモザイクを入れているのは、ネットゲームって、リアル顔を晒す文化がないから。
 というか、出したら負けみたいな妙な雰囲気がある。
 さらに、彼はゲーム中では有名な悪役なので、なおさら出せないw
 電脳世界の恨みつらみが、ネットを通じて、日本全国に散らばっているのだった。
 恐ろしい話だよね?

 前にちょっとだけこのblogで触れた、例のいま一緒にビジネスをはじめようとしている人物でもある。
 大阪に行くたびに、2人で打ち合わせをして準備しているのだけど、今は私の手がとまってしまい、進んでいない。
 ということで、なんとか8月中に、体制だけでもこしらえないとなぁ。
posted by 手嶋 at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

営業について

 自分の仕事が営業に関係なかった当時「デキル営業マン」というのは、マシンガンのように喋る人だと思っていた。
 とにかく、口がうまい人。

 でも実際は違うんだよね。

 別に商品説明がうまくたって、モノは売れない。
 口のうまさも、ほとんど関係ない。

 売れてる営業マンは、70%はお客さんの話をきいていて、30%くらい自分で話す。

 私は日常的にベラベラとよく喋るので、クライアントの前でも、喋りつづけているように思われるが、実際は聞いてばっかりです。
 さらに、発言の半分以上は、お客さんの質問に対する答え。

 自社商品の説明って、営業のクロージングでいえば、5%くらいしか占めてないと思う。
 残りの95%はこんな分布かなー。
 
 いま、相手が困っていることを聞き出すことが50%。
 その問題が深刻であることを、改めて自覚してもらうような合いの手を入れるが30%。
 その問題だけでなく、付随する問題も一緒に解決する方法がありますが、興味ありますか? と発言するのが15%。
 自社のサービスを説明するのが5%。

 あくまで局地戦の話だけどね。
 相手が困っていることを聞き出すために、胸襟を開いてもらう下準備ってのもあるし、さらにその上位概念としては、見込み顧客を集める、というのもある。
 でも、最終的なクロージングは、上記のような形に落ち着くはずだ。


 ↓↓↓ 参考になった、同感です、といった方は下をクリックしてください。

人気blogランキング
posted by 手嶋 at 23:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

大阪出張

 大阪出張をすると、リッツカールトンホテルというところに泊まるようにしている。
 前はヒルトンばっかりだったけど、最近はずっとリッツ。

 ここのミッションステートメントは有名だから、名前を知っている人も多いと思う。
 部屋はこんな感じ。

050814-r1.JPG

0508014-r2.JPG

 ミッションステートメントで特に印象的だったのは「我々は顧客にサービスをする特権を有する」というくだり。
 ほんとにすばらしいんだよ。
 大阪出張の予定がある人はもちろんだけど、大阪在住の人にも泊まってみてほしい。
 この手のホテルは大抵、平日ならば、サービスパックみたいなものもある。ネットの割引サービスを併用すると安く泊まれるから、どうぞ。ルームサービス頼むと高いから、持ち込みするといいよん。別に怒られないから。
 あと、チェックインを遅くするのもコツ。グレードの・い部屋が空いていると、同じ値段や+2000円くらいで泊まらせてくれるから。

 それから、大阪に行ったときは、必ず立ち寄るレストランもある。
 オルガニコというお店。
 ここのカロボナーラを食べたら、他のところで食べられないよ。あと、イタリアンだけど、チーズフォンデュが美・いw
 イタリア帰りのシェフが腕をふるっているんだけど、驚くほど値段が安いのが不思議。
 チェーン店の居酒屋で飲むよりも安い値段。
 予約しないと入れないから、予約した方がいいかもしないけど。
 webはこちら。

http://cucina-organico.com/

 始まり方が面白そうなドラマっぽいよ。


↓↓↓ 投票おね!
人気blogランキング
posted by 手嶋 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

夏休み

 昨日から、会社は夏休みになりました。12日(金)から15日(月)までの4日間が夏休み。

 そういえば、新規の契約が1つ決まった。
 やっほー。
 その会社は、社長さんも、担当の方も鋭くて、頭の回転がはやい。とにかく、プロジェクトを進めるのが楽しみ。

 最初に会ったときから「怖いなぁ。こういう頭のいい人と話すと緊張するな」と思っていた。そして、同時「この会社とウチは契約することになるだろうな」とも感じていた。
 
 契約してくれるクライアントは、実は会って10分も話をすれば「ああ、この人と仕事するだろうな」と分かる。
 共通点は、私が「怖いなぁ」と思ったクライアント。それは、鋭さであったり、本質的把握であったり、知識や経験の豊富社長さんだったり様々だけど、ヒリヒリする個性の社長さん、尊敬できそうな社長さん、お付き合いしたいと思う社長さんは、私と契約してくれる。ありがたい話だと思う。

 逆に、ダメなところもすぐに分かる。変な人や面倒な人と付き合いたくないから、私から遠慮してしまっている部分も多いが。
 
 休み明けの16日(火)からの3日間は「自社プロジェクトの日」というのにした。
 お休みのクライアントも多いので、その間隙をぬって自社を太らせる(え?)。
 途中で止まっていた自社のプロジェクトを、スタッフ全員で缶詰になって進める。はてなの社長さんが合宿をして新規サービスを立ち上げるという話をきいて、その簡易版をやってみたくなったのだった。あひゃ。

 とはいえ、打ち合わせが2件、経営コンサルタントとの面談が1件、どうしてもはずせないので、それだけは予定を入れてしまった。
 こういう半端な姿勢が、自社プロジュクト完結を遠のかせていることは分かっているんだが・・・
 むう。


↓↓↓ 投票おね!
人気blogランキング
posted by 手嶋 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

自社web

 自社web、少し変更しました。

http://www.crweb.jp/

 仕事はあればあるだけ有り難いんですが、CRWは積極的に受注していこう! というマインドではありません。
 他の会社でも出来るような、作業案件はしたくないというのが一番の理由です。

 ということで、経営は大して楽でもないのに、今週だけで2件ほどお断りしてしまった。
 こうやって、うちの会社はどんどんとか細く、脆弱になっていくんだなぁ、と沈没する船を眺めるような心持で、夏休みに突入します。
 うきゃきゃ。

↓↓↓ 投票おね!
人気blogランキング
posted by 手嶋 at 20:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

投資マンション

 今日の日経新聞に広告が出ていた本。



 クライアントで投資マンション販売会社がある。
 そこのWeb原稿は私が書いているので、資料で買ってみることにした。随時バージョンアップせんとならんからね。

 ちなみに、クライアントのWebはこちら。

http://www.kashichi.jp/
posted by 手嶋 at 19:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

丸の内北千住本郷

 夏がダメです。
 ということで、仕事は仕方ないけど、プライベートについては8月中は極力アポを入れないようにしています。

 しょぼーんと、うつむきながら歩く姿を激写してみました。

050809-4.jpg

 ま、いいんだけどw

 今日は、知り合いの経営者がネットおよび経営について相談があると言うので面談。
 彼とは出会って1年半。
 宴席では4、5回ご一緒しているが、2人で会うのは、考えてみると初めて。

 丸ビルの36Fにあるモナリザというフレンチでビジネスランチ。

 私も会社経営をはじめたころ、先輩にいろいろアドバイスをもらった。
 当時を思い出しながら、出来る範囲で助言など。

 彼は若い。
 いま24歳とか、そんなもんじゃないかな。
 私とは10歳ほど違う。
 若いけど、腹は据わっているし頭もいい。
 なんとなく、将来大物になりそうな予感がする。
 あれこれと、とりとめのない話をする。
 参考になったのか、ならなかったのか分からんが「平日の昼間なら、週に1日か2日くらいは空いている時間があるから、いつでも相談においで」と伝えておいた。

 創業当初の時期は、自分以外の経営者と話すことで、頭を整理するという側面もある。
 ただ私の経験では、私の助言が彼にとって、なんの役にも立たなくなるまでに、長くて2年、短ければ半年。この事実を私は確かに知っている。
 重荷を背負った若者の成長とは、それだけ早い。
 起業や独立が吉か凶かは、当人の性質や環境も影響するから、一長一短なところはある。
 ただ、経営者とサラリーマンの人生の時間軸は激しく違う。それは良い悪いではなく、そういうもんなんだ。

 で、いつものように、食べるだけではあき足らずに、いやしく店内と料理をシャメってきましたw

050809-1.JPG

 中、こうなってた。

050809-2.JPG

 メインの子牛の料理。

050809-3.JPG

 デザートは2人とも違う、変な店。
 Mの字は、店名の「モナリザ」のMらしい。どうでもいいだろう!
 味は中の上かな。
 値段のわりには、だめだったよ。あはは。景色がいいけど、美味しいもの食べたいなら、別の店がいいと思います。
 ちなみに、景色はこんな感じ。さすが丸ビル。

050809-5.JPG

 食事を終え、彼の車で北千住まで送ってもらい、北千住のオフィスで雑務をしてから、本郷で顧問税理士と打ち合わせ。
 本郷のオフィスにもちょっとだけ顔を出した。

 暑かったので、マクドナルドでマックシェイクを頼んでみた。
 何年ぶりだろうか。
 100円なんで、びっくりした。自動販売機で缶コーヒー買うよりも安いんだね。
 某アナリストに「戦略が混迷している」と指摘されて株価がさがるわけだよ・・・
 私みたいな消費者にとっては有り難いけど、安すぎ!

↓↓↓ 投票おね!
人気blogランキング
posted by 手嶋 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

目白表参道原宿

 昼に目白のアミューズメント施設の販売、リースをしている会社に新規のコンサルティング。
 いろいろとヒヤリングをする。
 経常利益15%と物凄いことになっていた。社長さんも担当者も頭の切れる人だった。出来れば、今度、長らくお付き合いできるようになりたいと思う。

 16時からは矢部さんと、表参道の投資マンション販売会社へ。
 新入社員研修をする。
 そこの社員の方で、パソコンに詳しい方がいる。話をきくと、パソコンを自作で組んだ。詳しくヒヤリングすると(するなよ、俺)、ビデオカードにこだわりが。
 まさかと思ったが、やっぱりネットゲーマーでしたorz

 エバークエストだそうで、私はリネージュ。
 エバークエストに誘われちゃったYO
 エバークエストは3Dだから、昨日壊れたツクモのGX5900のビデオカードじゃないと動かない・・・
 どうしよっかなー。GX5700を入れようとして、NECのパソコン、一台ぶっ壊した過去もあるしなぁ、と恥ずかしくも勿体無い記憶がよみがえった。

 18時から、矢部さんをともなって、原宿の某企業のアンテナショップへ。木曜日に戦略レポートを提出することになっている。
 原宿駅前のバーで、ワインを飲んで帰る。
posted by 手嶋 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツクモ電気

 ツクモ電気で自作パソコンを買ったら、1年半持ちませんでした。
 すぐぶっ壊れたました。
 買ったのは秋葉原です!

 あそこ、二度と行きませんとはいいませんが、絶対に買いません!

 やっぱりメーカーのじゃないとダメだな。スペックうんぬんじゃなくて、ファンとか電源周りとか、雑すぎる。

 ツクモ、この世から消えて欲しいぽ・・・
posted by 手嶋 at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

恋愛博打3が出たよ

 何度かここでも紹介していた「恋愛博打」の麗さんが倒れていたみたいです・・・
 いまは、社会生活に復帰しているようで、blogの更新もはじまりました。
 はらはら。
 天才ってのは、人生も極端だからなぁ・・・ 

 でもって「恋愛博打3」が出ました。

http://www.impress.co.jp/ebook/pokeb/bakuchi3/

 私も推薦文、書いてます >_<
 携帯で読書という習慣がないのだけど、寝る前に電気消した部屋とか、新聞広げられない場所なんかだと、いいかなぁと思ってみたり。
 私は活字中毒だからね。
 私もちゃんと買ったよ!


↓↓↓ 押してー

人気blogランキング
posted by 手嶋 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

渋谷本郷キモい壁

↓↓↓ いきなりで悪いけど、押しておいてー
人気blogランキング


 昨日は渋谷で旅行代理店のネット戦略についてコンサル。
 中南米、特にペルーに特化した老舗の旅行会社だ。専門性の高い商品なりサービスというものは、売りやすい。

 終わってから、1人でお昼。
 渋谷のSOMAというカフェのランチ、なかなか良かったです。
 こんなお店。

050805somasoto.JPG

050805tennai.JPG

 で、豆腐のステーキというヘルシーなもんを注文してみた。
 美味しかったー。

050805somameshi.JPG

 午後からは本郷のオフィスで、クライアントと打ち合わせ。

 その後、矢部さん(うちの会社の役員)と湯島のあたりをぶらぶら歩いていたら、異常なもんを発見した。
 
 古いビルなんだけど、壁に赤い文字で記号がバラバラと書いてある。
 不気味。

 こんな感じ。

050805kabe.JPG

 拡大してみると・・・

050805kabeup.JPG

 キモ!
 この建物、全部の壁がこんな具合。

 改築工事のための記号なのか、なにか意味があるのかもしれないけど、気持ち悪い。
 
 矢部さんも「かなーりキモいですね」と言っていたから、私だけじゃないようだ。
 彼女と2人で「長嶋有なら、このキモさの理由を、見事な文章にしてくれるんだろうねー」と文学的な話などしてみたり。

 ってか、この壁、どういう意味があるのか、知ってる人いたら、教えてください!

 そうそう、長嶋有の文章、マジお薦めだよ。
 最近、エッセー出たので、宣伝しておくか。
 読んで、もしもつまらなかったら、私が彼に代わって返金するから騙されたと思って、買ってみん。

 ああ、そうそう。「図書館で読んでみます」とか言う奴、15点。「図書館にリクエストしてみます」は60点。「2冊買います」合格!




posted by 手嶋 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

社内ミーティング

 社内ミーティングがあったんだけど、たまには外でやりましょうとなる。

050803_160145.jpg

 近所にある、カキ氷屋さん。

050803_160748.jpg

 私はミルクメロン。


↓↓↓ カキ氷好きなら押すこころ
人気blogランキング
posted by 手嶋 at 18:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

郵便局キタ!

 blog、絵や写真が少ないという指摘を受けたので、今日はビジュアル面にも配慮しました。
 あひゃ。

 郵政民営化法案、5日に採決されるみたいだね。

 過疎地のインフラとしての郵便局はいままで通りに機能するのでしょうか?! みたいな議論があるけど、あんなの、今回の郵政民営化にまったく関係ないの、みんな知ってるのに、なんで茶番を演じているんでしょうね。
 かわいくないよ。

040421郵政.jpg

 どっちにしても、郵便物はちゃんと届くから心配しないでw

 まぁさ過剰な演技をして、お金と利権を貰うのが国会の役目だから、仕方ないけど、こいつら、ほんとに真面目な顔して、変な戦いを繰り広げるよね。
 たのむから、せめて1日2時間でいいから、日本のことを考えて欲しいと思うよ。いま、だいたい1日20分くらいでしょ? 彼らが日本のこと考えるのって。
 俺だって、お正月には10分くらい考えるんだからさ、プロなら、もちょっとplz。

 郵政民営化法案について、いろんなオブラートに包んでいるけど、とどのつまり、親方日の丸のもと、集まっちゃった(ちゃっただよ)、1600兆円のお金を、民間に流し込むかどうか、ってだけの議論だ。

 構造改革ってのは、別に国民の生活をよくするためのもんじゃない。
 当たり前だ。
 政治家が国民のことなんか考えて政治してたら、当選しないし、メシも食えない。
 政治家がなんのために新しい法案を通そうとするのか? もちろん、明確な目的がある。
 新しい利権のためだ。
 我々が食べるために働くのと同じ論理だけど、それがちょっぴり欲張りなだけだ。

buta.jpg

 今回も分かりやすい構図で、郵政族と大蔵族の太い利権争いだ。

 小泉さんは代々大蔵族だから、郵政省が持っている「現金」の支配権獲得は悲願である。はやく財務省の管轄にしたい。一族郎党の名にかけて、おのが利権ウマウマにかけて、絶対になしえないとならない。

 かたや、抵抗勢力。
 ぶっちゃけ、旧経世会、つまり橋本派だ。彼らにしてみれば、地方の特定郵便局は大票田であり、利権構造の中心にあるいまのポジションは手放すわけにはいかない。
 
 ってことで、我々はどっちを応援すべきか?

 小泉と橋龍の顔、どっちが好きか程度の判断でいいと思うよん。
 いずれにしろ、どっちかがウマーになるのを、選ばざるをえないわけだし。

koizumi.JPG
 
 政治家が利権を求めるのは、しょーがない。
 ならば早いところ二大政党制になってほしい。
 でもって、自分たちの利権を守りながら、オマケのようにくっつく「国民の利益」ってのを比較して、検討しながら投票するからさ。

 ということで、私的には今回の郵政民営化法案は否決がいいな。
 で、ソッコー解散。
 当然、民営化に反対票を投じた議員は党の公認無理ポになるから、テンポラリー政党みたいなの作る。選挙終わってから半分くらいは自民党戻るだろうけど、残りは民主党。
 民主党うまー。
 二大政党キタ!


 ↓↓↓ 押してー
人気blogランキング
posted by 手嶋 at 14:19| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

フリーランスの営業方法(2)

 明日書くといいながら、1週間放置しました。
 ぎゃははは。
 笑い事じゃないけどさ。

 ところで、髪切ったよ。
 こんな感じ。

050802kao.JPG

 最近、美容師の佐々木さんの言いなりになっています。
 小脇に抱えている荷物は、一緒に売りつけられたジェルだかオイル。「これで、髪をセットしましょーねー」とか言いながら、買わされた。

 どうでもいいわな。

 さて、フリーランスの営業方法について書きます。
 
 いきなりで申し訳ないけど、基本的に私は、いつまでも下請けはしない方がいいと思っている。

 理由はいくつかあるけど、下請けという仕事が構造的に抱える問題がある。

1)すぐに価格破壊になる
2)美味しいところは上流工程の会社がもっていく
3)間に入っている会社があるために調整など本来不必要な時間がかかる
4)代替がきくため無理難題を持ちかけられる
5)コミュニケーション不全による意味のないリテイクが増える

 などなど。

 とはいえ、最初はやっぱり下請けから入るのがもっとも早い。
 私も以前、Web制作の会社を経営していたときは、率先して下請け仕事をとってきた。

 下請け仕事のデメリットを挙げたけど、メリットもたくさんある。
 
1)経験が浅いうちは、修行にもなる
2)様々なタイプの顧客に接することで自分なりのビジネス人間データベースができる
3)大きなプロジェクトの一部分を担当することで、1人では触れることができないスケールの仕事がみえたり

 などなど。

 これからフリーになる人には、とりあえず、仕事をとるために貪欲に動いて欲しいと思う。

 その上で、3年後はディレクターになる、コンサルタントになる、マーケッターになる、トップデザイナーになる、なんでもいいから、目標を設定してほしいと思う。
 特化していかないと、ジリ貧になっちゃうYO

 ってことで、具体的な方法にうつるね。
 前提条件として「今日独立して、個人でWeb制作の受注業務を開始」した場合だ。

 まず、押えたいのは大手広告代理店だ。
 電通、博報堂、東急エージェーシー、朝日広告のような大手だ。
 電通とかは、子会社からの発注になると思うから、電通ナントカ、って会社を狙おう。
 これら大手代理店は、プロジェクトが大量に走っているし、急ぎの仕事が発生しやすいので、需要はある。
 ただ、食い込んでいるフリーや制作会社も当然多いから、いきなりってのは難しいかもしれない。
 それでも、彼らのクライアントはテレビCMをするような名だたる企業がゴロゴロしている。実績として見栄えが良い仕事も多いので、一枚噛んでおきたいところだ。
 知り合いがいれば、紹介してもらうのが一番いいのだけど、普通はいないだろう。
 ということで、キーマンにお手紙を書こう。
 キーマンってのが大切だよ。ペーペーじゃダメだからね。
 たとえば売上高100-1000億円くらいだと、Web制作部門の責任者みたいなポジションの人がいいだろう。
 では、どうやって手紙を書くか?
 ってか手紙書く相手をどうやって特定するのか?

 ええと、あまり書きたくないけど、ぶっちゃけるわ。
 広報に電話して「今度、雑誌を創刊しようと考えています。Web制作関係の雑誌なんですが、つきましては、御社のWeb制作部門担当責任者の方にインタビューのオファーをしたいので、所属部署とファクス番号をお知らせいただけますか?」みたいな感じだ。考えてるってのは嘘じゃないだろw 結局ボツでも、それは経済原則。

 ちょっとインチキだけど、気にするな。

 名前と部署の情報を入手して「私はweb制作をやります。だもんで、とりあえず、ご挨拶させてちょーまい」みたいアプローチをかける。
 紙の手紙、あるいはファクスでがいいね。
 電子メールはダメだよ。
 理由?
 うーん、書くと長くなるから、理由はまたそのうちね。

 いきなり返事がこなくても、2ヶ月ごとくらいに出すのがいい。返事来ないからってしょぼんとしちゃダメだよ。
 急に呼ばれて、ポロっと仕事が出たりするから。
 大手は一度仕事をすると、よほど変態なことをしない限り、わりと経常的に仕事が来る。指示書や仕様書のようなものを出されることも多い。これはフリーランスで活動するには、宝の山のようなドキュメントだ。見本にして他の仕事で活用しよう。

 ちなみに、私がWeb制作会社をはじめたころは、1998年だった。当時はWeb制作の会社もあまりないので、新聞の折込チラシを入れたら、電通からオファーがあった。
「チラシみた電通の○○ですが」という電話だよ。牧歌的な時代だw
 中山美穂が出るNECのテレビコマーシャルで使う、パソコンの画面を作ってください、というものだった。変なの、と思ったが、頑張ってやった記憶があるぞ。

 また、中規模の代理店も押えておきたい。
 年商10-100億円規模の広告代理店には、社長に直接手紙を出そう。「下請けやりますよ」みたいな手紙だ。アマゾンで探したらなかったが、広告代理店の年鑑のようなものが大きな書店にはおいてある。ここには、各社の細かいデータがあるので、社長に直接手紙を書くことが可能だ。あまり大きい会社の社長に手紙を出しても意味がないけど、10-100億円程度のところならば、社長を狙うのがいい。yahooなどで検索して、1つずつアプローチする方法も、まぁOK。
「とにかく儲かればなんでもいいから、儲かる提案をしろ」と族あがりの社長に言われたこともあったなぁ。懐かしいぞ。

 小規模の代理店は、とりあえず食い込んでもいいが、少し躊躇するところもある。
 全てとは言わないが、5億円前後の売上の代理店は、ちょっと大きめの会社のハウスエージェント的な動きになっているケースが多い。
 これは、はっきり言って無理難題のオンパレードだw
 それに、経営も不安定。
 とはいえ、仕事がない状況ならば、精力的に食い込んでいき、半年くらいでスパっと手を切るあたりを考えておくといいかもしれない。
 いま、いろいろ思い出して、半泣きになってきたぞ。

 次はWeb制作会社を含めた、IT関連企業。特にBtoBのところ。デザイン会社なんかもいいだろう。
 日経BPからIT企業年鑑みたいなのが出ている。これは便利で、付録のCD-ROMには会社住所や社長の名前などが書いてある。
 ここに「Webの知識が豊富です。何かお手伝いできることがありませんか? すぐにとは言わなくても、ご挨拶だけうかがわせてください」みたいなDMを出そう。すると、私の経験では100通出せば、3通は返事がくる。3%だ。
 いままで記録した最高の反応率は、17%というのがあった。
 Find-JobなどのASPサービスから逆算して、デザイナーを募集しているWeb制作会社にアプローチするってのもアリだ。この場合、受け付けフォームから正直にアプローチしたら、馬鹿だよ。「その他大勢」にならないように担当者に、直接、普通にメールをしよう。これだけで、かなりのアドバンテージになるぞ。ただし、必要な情報が不足してると、怒りを買うから、受け付けフォームの項目+ノリノリ、みたいな感じで攻めよう。
 
 さて、お次はポータルサイト。
 ぐるなび、ライブドア、MNSなど、外注に多数の仕事を発注している会社にアクセスする。これらはメールでいいだろう。MNSなどは、間に大手の広告代理店が入っていたり、フリーで直は難しいかもしれないが、ぐるなびはフリーでも通るなど、企業によって若干違う。とりあえず、丁寧なメールを出してみよう。

 Web制作の仕事が集中するところってのは、だいたい上のような企業群になる。

 ああ、そうだ、ちょっとした小技もあわせて伝授しよう。

 フリーランスは、そうはいっても、じゃっかん甘くみられてしまうところがあるのも事実だ。
 その場合は、変な組織をでっち上げるといい感じだ。
 たとえば、mixiやネットの掲示板で、フリーランスのwebデザイナー何人かにコンタクトをとる。
 こんな具合さ。

「私もフリーのwebデザイナーです。いま、営業をかけているところです。1人だと、マンパワーの問題で大きい仕事がはじかれてしまいます。そのため、4、5人のwebデザイナーがゆるいアライアンスを組む【○×Webスタジオ】という組織を考えています。良かったら、名前を連ねていただけませんか? 特に義務や責任は発生しません。もちろん、権利もないのですが(笑) 仕事がとれて、私1人では回せないような場合は、お手伝いをお願いすることもあるかと思います。ご検討ください」

 こうして、組織を作った上で「5人のWebデザイナーが集まる○○デザインの代表です」みたいな切り口上でいくと、他のフリーランスよりも頭がひとつ抜けた存在にはなる。発注する側もマンパワーはないよりあった方がいいから、便利である。1円もかけずに、会社らしきものを作って、体裁を整えるという方法だ。

 これで、四半期に1度以上の仕事をくれる会社を5社見つけることができれば、もう食っていけるだろう。

 その次に何をすべきか?
 手紙って具体的にどうやって書くの?

 などリクエストがあれば、個別対応するので、メールください。

 ってか、書いてて、面倒くさくなったよw
 体系化するのって、すげー労力だな。
 
 ↓↓↓ ちょっとは参考になったと思ったら、ランキングに投票しておくれん。
人気blogランキング
posted by 手嶋 at 15:00| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。