2007年01月31日

武富士が赤字

武富士の赤字が3000億円だそうだ。

過払いの返還要求の積み立てが4000億円だから、本業は儲かっているんだね。

いろんな意味ですげーな。

日経ビジネスで昔、武富士の武井元会長の特集があった。存命中ね。

印象的だったのは、団地で金貸しをしていた武井氏は自分より体格の良い人間には金を貸さなかったとのこと。

そーいうリスクヘッジをしないとならないビジネスはいくら儲かっても、つらそうだなぁ。

ところで、日興コーディアルの粉飾が1300億円とのこと。

こええよ!

さてさて、最近、blogは電車の中で携帯で書いてる。

フリーペーパーは珍しくないが、ついにフリー漫画が出たね。

星新一氏の小説で、生活の全てが無料になる話があった。食べ物も含めて、すべてが広告でうめつくされている世界。

楽でいいかも(笑)

資本主義的経済行為が究極に進むと、競争の意味も変わりそうな気はする。


人気blogランキング
←ぼちっと、お願いします。
posted by 手嶋 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

知り合いの会社

知り合いが会社を作ることになり、取締役になる予定です。

楽しい会社なんで、NDAに抵触しない範囲で、ここでもちょこちょこ紹介します。お楽しみに。

人気blogランキング
posted by 手嶋 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

オーガニックコットン

オガーニックコットンのサイトを紹介します。

プリスティン
http://www.pristine.jp/

人気blogランキング ←カテゴリを移動してみたら、1位があの人で、はやくもチェンジしたい気分w
posted by 手嶋 at 22:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

コーヒー

070128_225049.jpg

マクドナルドのコーヒーが、缶コーヒーより安くて、ずっと美味しいから、最近はこればっか。

人気blogランキング ←クリックすると、小銭がたまるよ
posted by 手嶋 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

実家へ

髪を切りに埼玉の実家に帰る。

行きつけの美容院があり、担当のSさんが上手なのでここ以外には行かない。

お洒落で素敵な人である。
WEBや版下のデザインにも言えることだが、お洒落に無頓着な人はほぼ100%良いものを作れない。
ただ、素敵な人が素敵なデザインをするかといえば、必ずしもそうではないが。
SさんとSさんの同僚のKさんと私の3人で、忘年会に行こうと話をしていたが、いつの間にか年が明けていた。
前に3人でダーツをやって負けて、×ゲームでお酒を一気飲みしてベロベロになった苦い記憶がある。

他にも用事はある。

母親はうちの会社の取締役をやっている。
会社には出社しないが、経理のサポート業務を頼んでいる。

定期的に、まとまった領収書を渡す。20年以上経理業務をやっていたので、いまでも手際はいい。

そういえば経験則だけど、二まわり、つまり24才以上の離れている人とは、話がかみ合わない。
母親とは35才の差だ。大事にしたいが、話が長時間にわたると、ややしんどい。

私の能力がその程度という話もあるが、仕事でもこの手のことは言えるだろう。
もちろん、高齢でもアンテナが高く、幅広い人と話ができる人は何人か知っている。ただ、5%にも満たない人たちだ。
だから、例えば36の私が、65才の方と仕事するには、間に50才の方が入ると、スムーズにいく。組織も概ねこうやって動いているのだろう。実力主義とはいうけれど、組織も仕事も人あってのことだ。年齢ってとても大切な要素だと思う。

用事は他にもある。
行きつけのバーに顔を出すことだ。
H店長と、S副店長が仲良くしてくれる。
チキンを食べながらカクテルを飲む。
先日、S副店長が恵比寿のうちの会社に遊びに来てくれたりもした。
実は再来年あたりに銀座か麻布で飲食店をやろうと考えていて、そのおりには、彼らにオファーしたいと思っている。前にちょっと話をしたら、興味は持ってくれていた。
組合や私募債といったシステムの実験にも興味があるしね。

人気blogランキング ←投票してくれたら転がって喜びます。
posted by 手嶋 at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

華麗パン

070126_181050.jpg

山崎豊子の美意識からは、かなり乖離してるんじゃないか?f^_^;
posted by 手嶋 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

あるある

070124_142954.jpg
テレビをあまり観ないから、私にとっては遠い世界だけど、新年の誓いは「テレビをみる」だったんで、頑張って食いつく。

とはいえ、モチベーションがあがらん。
そこで、今回はテーマを決めて頑張ってみたい。

「テレビをみないで、いかにテレビをみるか?」あたりか。みる、の漢字は適当に類推してくれ(笑)

まず産経の社説チェックかな。タブロイドの夕刊フジって、フジ系列?

マスコミ疎いからなあ。

ま、規制で守られてる業界に「腐るな」と言う方が狂ってる、とも言えるし。

関係ないけど、NHK、簡裁で支払い命令出ていたね。
このタイミングでそういう判例出ちゃうか(笑)
posted by 手嶋 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

けものみち

「湘南爆走族」という漫画が好きだった。

もう20年くらい前の作品だけど、今でも根強い人気があるね。

主人公のライバルがお正月にアルバイトに精を出し「終わったら、ビデオにとったおいた新春かくし芸大会をまとめて観るんだ」と楽しげに語っていた。

かくし芸には興味がないが、この気持ちはよく分かる。

私は普段ニュースくらいしかテレビを観ないが、DVD化されたテレビドラマをまとめて観るのは好きだ。

最近、2つ観たので紹介する。

米国の「4400」というSFモノ。「V-Visitor」みたいな大作ではなかったけど、良かった。

1920年あたりから2000年の80年間という長期間にわたり、米国のあちこちで失踪事件が発生する。
そして、ある日突然、失踪した4400人が失踪直後の状態で湖のほとりに現れる。50年前に20歳で失踪した人は、20歳のままで。

最初は隔離されていた4400人ではあるが、徐々に社会復帰を果たす。
しかし、3年前に失踪した人間もいれば、50年前の者もいる。

いろいろと問題が発生していくのだけど、やがて4400人それぞれに、超能力が備わっていることが明らかになっていく。

予知能力者、念力、強力な催眠術、治癒能力、などなど。

全3巻だけど、かなり面白かった。面白かったので、文句も言いたくなってくるという不条理。

まず、最終回が消化不良な感じがする。とはいえ、テーマが大きすぎるから、まぁ仕方ないか。であれば「あっちの世界」の状況をもっと詳しく書いてほしい。70年代の筒井さんでもいいし、ロバートシェクリでもいいんだけど、彼らなら、このあたりをちゃんと書いてくれただろうな(って小説とドラマは違うけど)。

それから、時代が違うために発生する齟齬、このあたりのディテールなんかを描いてほしかったな。
たとえば、50年前に失踪した黒人が、差別が表面化していない文化に驚いたりしていたが、あのあたりの書き込み(?)なんか、もっと掘り下げてほしい。

ま、予算はあまりなさそうなわりにすごく良かった。


ま、面白かったので、OK。


2つ目は松本清張原作の「けものみち」

「黒皮の手帳」「けものみち」と同じ原作者で同じ女優のものだ並んでいたが「けもおみち」は原作を読んでいないので、こっちにしてみた。
東野圭吾の「白夜行」「game」、漫画の「ごくせん」などは原作がよかったので、映像化されたものを観る気にならない。

「けものみち」はまだ途中なんだけど、2巻目にある弁護士が道路公団会長の愛人を殺すところがすっげー良かった。
佐野史郎みたいな芝居できる人が他にもいたんだねw
殺害が終わって、大量の生牡蠣をしゃぶりながら、ぐにもつかない話をする場面がとにかく素敵。

ってか、これが言いたいだけでしたw

人気blogランキング ←クリックすると、近々生牡蠣にありつけるという占いです
posted by 手嶋 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

バーを繁盛させよう

よく行くバーの一つに、港区白金の「青月(あおつき)」がある。

ここのマスターの高梨さんとは年齢も近く、一緒に芝居をみたり、遊んでもらったりする。

彼は私に「バーはつきつめれば、10本の酒だけあれで開けるんですよ。さて、何を入れようか? という話をバーテンと話すと面白いですよ」みたいなネタを教えてくれる。

ウィスキー好きならモルトを5本って選択もあれば、カクテルにこだわる人は7本リキュール、など。なかなか奥も深く、なにより嗜好が端的に出て興味深い。

バーでくだらないことを喋るのが好きで、長居することが多い私なりに提案がある。

たとえば、一杯で帰る客と、8杯飲む客では当然利益率が変わるわけだ。

酒の値段は一般的に一杯の価格に相応のリスク分を乗せてある。普通は二杯くらいでペイかな。よくわからんが。

10杯飲んだら、会計は凄いことになる。

これ、4杯以上は半値で出してもペイするんだから、一定を越えたら半額にしたらダメなの?

であれば二杯の人が倍頼むかもしれない。

こういうお店がほとんどないのが私は不思議。

面倒なのかね?

飲み放題はあるのになあ。
posted by 手嶋 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

合併について

みずほ証券と新光証券が合併するそうで。

うちも仲間に入れてホシス(証券関係ねーけど)。

じゃなくて、この新会社が不正会計でブランブランしてる日興の受け皿になるんじゃね? という話。

ほーほー。

日興を加えた3社が合わさると、大和を抜いて預かり資産が2位になる。

ほーほー。

でだ、粉飾金額がライブドアより多い日興の有村前社長はなぜにパクられないのだろうか?

有村氏が安倍総理と同郷で、仲良しだから?

付き合いが家族ぐるみだと、あるいは逃げ切れるんかなあ。

ヨクワカンネ。

とはいえ、日興が上場廃止になれば、みずほは安く買えてうまー。
上場廃止なら、責任者逮捕くらいはお土産ないとカッコつかんよね。


なんとなく、みずほVS安倍ファミリーみたいな構図で眺めていることにします。
posted by 手嶋 at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

2006年のインターネット10大ニュース

ImpreeのINTERNET Watchに2006年のインターネット10大ニュースというのが発表されていた。

http://internet.watch.impress.co.jp/static/enquete/vote2006/result.htm


1位
ライブドアに強制捜査、堀江元社長らが証券取引法違反で起訴される

2位
Winny開発者の金子勇氏、第一審で有罪判決

3位
YouTubeの大ヒットで、国内でも動画共有サービスが続々スタート

4位
止まらないWinny経由の情報漏えい。総務省は16億円の対策費要求

5位
ソフトバンクがボーダフォン買収、「ソフトバンクモバイル」に

6位
ニフティがパソコン通信サービスを終了、19年の歴史に幕

7位
高速PLCが認可される。年内に試験サービス開始

8位
GoogleがYouTubeを16億5,000万ドルで買収

9位
mixi利用者600万突破。利用者が晒されるケース増加、対応に追われる

10位
携帯電話でナンバーポータビリティ(MNP)開始


なるほどねー。

ライブドアについては、遅かれ早かれという感じはしたけど「あるいは、このまま、この珍妙なベクトルのまま大きくなっちゃうんだろうか?」という気分にはなった。いくつになってもバンドワゴンの呪縛から抜けないなぁ。ただ、堀江さんの言動はめちゃくちゃだったけど、行動でめちゃくちゃやってるのはGoogleだと思う。そういう意味で、私は両者に共通点を見出したりしていたんだけど。ただ、Googleはスケールが多きすぎるから、悪意(あるいは純粋さ?)の把握しずらいよね。

金子さんの裁判も長引いていたけど、こういう結末かぁ。

YouTubeの広がり方をみていると、コンシューマーに受け入れられるサービスの時期というものを考えさせられる。
このタイミングをはかる方法ってあるんだろうか?
商品のライフサイクルの判定方法というのがある。これは、ブレイクするまでの時間の長さが衰退するまでとほぼ一緒というもの。つまり、長い時間かけてだんだんと定着したものは、廃れるのにも時間がかかる。一発屋がすぐ消えるのも同じような理屈。
わかりやすい指標だから、重宝するが、知りたいのは「ブレイクするまでにどれくらい時間がかかるか?」ということ。なんとなく、アメリカの商材ビジネスあたりで、2500万円くらいで売ってそうだけど(笑)。

4位のWinny被害拡大については、特にコメントなし。音楽や映画にほとんど興味がないから、薄いんだよなぁ。ITコンサルとしては、このあたりもちゃんと押さえないとならんとは思うのだけど・・・2007年の個人的な目標は「テレビをたまに観る。でもって、音楽も聴く」だな。

5位のソフトバンクボーダーフォン買収、実は私的には1番の出来事かな。
孫さんは偉大だ。
彼が及ぼした影響や、促進させた競争はほんとうにすばらしいと思う。
ただ、私は彼の提供するサービスを使いたいとは思わない。
絶対にヤだ(笑)
彼のやっていることは、安かろう悪かろうを最初に提供して、価格競争に業界を巻き込み、活性化させる。起爆剤としては異常に強力だけど、サービスの中身、クオリティは残念ながら低いと思う。ただし、結果として消費者側にたったサービスが提供される。つまり、医学の発展には実験や犠牲が欠かせないが、実験されるのは嫌、という感じ。物事の二面性というか表裏について考えさせられるね。孫さんの経営はなんだかんだといっても、やっぱり株価が軸になる。株価というのは時間の先取りだから「今が変でもOK」ということになるのは、まぁ自明か。あんまり書くとすごい突っ込み入りそうだから、もうやめとこ。

6位のニフティの無手順接続終了については、感慨深い。私のネット体験は13年前の朝日ネットパソコン通信から始まったから。そんな朝日ネットもニフティも12月には株式上場。老舗2つはネットバブルでも揺らぐことなく、余力を残して満を持して静かに上場。真っ当なカタルシスがあったなぁ。

7位の高速PLC。これってあだ花になるのか、定着するのか。なんとなく、任天堂DSのようなポジショニング、つまりゲームのコアユーザーではなく、ゲーム機で便利になんかしよう、みたいなコンセプトが確立できれば、よさげだね。

8位のYouTube買収は大騒ぎすることじゃないと思うが。ま、ネットビジネス全体のオセロゲーム的な大局観でいえば、エポックメイキングな事件だと思う。
ただ、Googleをネット企業というくくりで考えるとちょっとズレる気がする。Googleは株式の時価総額でも世界有数なわけで、1500億ドルくらいの時価総額がある。YouTubeのことは株式交換で買収したみたいだけど、わずか1%程度だもんなぁ。見方は色々だろうけど、googleが動画に本気になった、というベクトルが大事なんかな? 少なくとも買収そのものじゃないよね。

9位。mixi素直にすごいと思う。笠原社長、10年前からオーラあったんもんなぁ。

10位。けっこうどーでもよかった(笑)


人気blogランキング ←総括ついでに押して押してー
posted by 手嶋 at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。