2008年12月31日

始発ちん

081231_054056.jpg

午前5:40の原宿。

始発とか、何十年ぶりだよ!

ベロベロに酔って、会話をまったく覚えてない。

まあ、ええがな Byマフー
posted by 手嶋 at 05:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

急になんで?

卓球の福原愛選手。
彼女の熱愛報道が持ち上がった時の話だ。

サイゾーによると、卓球協会に「別れさせろ」という抗議電話が多数寄せられたらしい。

不思議というか、なんというか。
頑張って理解ができたとしても、共感できない話というのはこの世に多いから、あまり深く考えるのはやめる。

ってことで、今日は浅く考えてみた!(いつも浅せーだろ、という突っ込みはナシの方向で)

電話をした人たちの中には、いろんな人がいるとは思う。
たとえば。

福原選手の熱烈なファンの人
クレームをつけるのが好きな人
ニュースに何か反応しなきゃいけないと思いこむ病気にかかってる人
卓球に恨みがある人(←え?)
昔、卓球だった人(←人じゃねーよ)

などなど。

まぁひとくくりにすれば、全部狂っているわけだが、ここでは「福原選手の熱烈なファンの人」について考えたい。

正確には

福原選手の熱烈なファンの人で、卓球協会に「別れろ」と電話をした人

だ。

彼らは普段、何をしてるんだろうか?

この人が、普段もずっと福原選手のおっかけみたいなことをしていて、常時監視してるような人なら、私は「なるほど」で終わる。

「辛かったのねー」と寂しそうな笑顔で励ましながら、後ずさりして私は去る。

そこまで特定の個体に執着する、という状態はいずれにしろ正常な状態ではないわけで、まぁなんでもアリになるだろう。
無敵状態のマリオみたいな気分で走り続けるのもわかる。

しかし。しかしだ。

勝手な予想では、この時に電話した人の中で「福原選手は好きだけど、普段は別になーんも【福原活動】はしていないが、熱愛報道があったから、スイッチが入り、いきなりアクションを起こした」というのが少なからずいるはずだ。

この人は普段、何してんだろう?

普通に会社に行ったりしてるんだろうか。
あるいは家でゲームとかしてるんだろうか。
たまには魚民で白魚の唐揚げとか食べてたりしてるんだろうか(関係ないけど、あれ美味いよね)。

人が怒っている時の半分くらいは、実は別のことで怒っているものだ。

この突発的に電話をする人の気持ちの向こう側には、なんか違う事情があるんだろうね。
posted by 手嶋 at 16:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

トヨタちゃん

今年は世界経済も色々あったね。
あのトヨタ自動車が赤字だし。

今年の9月かな、まずはリーマンショックでびっくりした。
うわぁ、ソロスの言ったとおりじゃん! と。

でもって、ビック3の破たんの話。

いよいよアメリカ経済崩壊かぁ。
金融と製造がダメだったら、もう何やってもダメじゃん、いやーんダメじゃん! みたいな。

そして、ぽこぽこと円高になる。
ぽこぽこ。

ついについに、トヨタが赤字。

1兆円の利益を出していた会社が1500億円の赤字に。
日本の会社、全部潰れるかも!!!
ウレなんかすぐやられちゃう;_;

と思ったんだけど、トヨタの記者発表のときに、急に「なんか、おかしい」と思うようになった。
つまり、これ粉飾赤字なんじゃないの?

いや、出来るのか出来ないのか知らないけど、もしも出来るなら、これは粉飾だろう。

今までは豪華な会場でやっていた記者発表を、赤字になった途端に地味な自社会議室に。

赤字だからしょうがないでしょ? と言うのは簡単だけど「空気読みすぎだろ!」という違和感があったんだよね。

演出家がいるんじゃないの?
まぁ、いるんだろうけど。

為替レートが1円高くなると、トヨタクラスなら400億円損するから、円高は確かに問題なんだろうけど、ほんとに赤字なのかな?

ここで、トヨタが赤字のメリットを考えてみる。

トヨタが赤字のメリット
・とはいえ、景気後退は免れないから、もしも今回が「粉飾赤字」だったとしても、来年厳しいのは当たり前。であれば、今赤字にしてしまって大リストラ、社内意識の変化を進めれば、いい! 年商15兆円の会社が6カ月早くリストラしたら、はっきり言って1500億円なんか簡単に浮くだろう。

トヨタが赤字のデメリット
・あの会社はそもそもが資金需要がないと思う。さらにここにきて工場作るとかはないわけだから、余計に。つまり、市場からの直接調達、銀行からの間接調達ともに必要ないから、株主はぶーぶーとぶーたれるだろうけど、実はデメリットはあんまりないんじゃないのかな?

次に考えたいのが、トヨタが赤字による「日本国」のメリット。
・ビック3破たんと言われている中で、トヨタだけ黒字こいていたら、輸出の関税は高くなるわ、輸入拡大の圧力は強くなるわで、ここぞとばかりに要求を通されそうだが「トヨタも赤字ちゃーん」と言って、一緒に渋い顔をしていれば、なんとかやり過ごせる気もしないでもない。

となると、これはトヨタと国の思惑が一致した、ヤラセなんじゃないだろうか?

もしもこの予測が正しければ、今後、日本経済と政治がどのように動くかは完全に見切った。

(`Д´) ←見切った顔。しかも完全に。

どう動くか分かっているなら、簡単だ。
つまり、オキーフの進むべき道は・・・









┏(^o^)┛ 小さ過ぎて、ぜんぜん関係ない!


では、みなさん、良いお年を(←前回も書いてるが気にするな。12月は日記書くたびに、ずっと言い続けるんだよ)
posted by 手嶋 at 16:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

今年の業務も終わり

081226_182541.jpg

オキーフは12/26の金曜が仕事納めだった。

昼間はクライアントのK社長とミーティング。
大手の監査法人で代表社員をしていた方で、いろいろ参考になるお話を伺えた。内部統制や予算管理の効能を明文化して、会社の意味を考えなおす。


ミーティング終了後、スタッフと年明けに予定している打ち合わせの下準備。
提案レベルであるがプロジェクトは5つほど。
色んな業種があるが苦戦しそうな案件がひとつ。
高額商品をクレジットで販売していた会社だ。割賦販売の規制は厳しくなり、信販会社は軒並み手をひいた。
この会社さんにはビジネスモデルのダイナミックな転換などを提案することに。こういうのは、逆に楽しい。

そんなこんなで今年最後の業務も終了。

会社で納会をしようと思ったが、結局面倒でやらず。
常勤スタッフわずか5名の会社である。全員と毎日話をしているので「じゃーまた来年ねー」と会社をあとにする。
軽いな、我ながら。

大阪の友人から金粉入りのお酒が届いた。
ありがたく、正月にいただくことに。
多少変態ではあるが、文章のうまさが神がかっている。そこらのプロよりずっと達者だから、本を書いて欲しいと思う。

夜。
もう10年ほどお世話になっているT社長と二人で忘年会。白金でモツ焼きを食べる。
中国のビジネスの話が面白い。かれこれ5年ほど毎月日本と中国を往復してるとのことで、現地の事情にもお詳しい。
年明け、視察のために中国出張に同行させてもらうことになった。
私にとってかの国は、汚職の相場と、知財という概念がない国、というネガティブな印象しかないのだが、見ようにもよるらしい。
国が会社に金を出し工場を作る。国が会社に出す条件が雇用。今、日本が困っていて、できないことだ。
共産主義がうまく機能する部分もある。
全てオーケーな国もないけど、全部ダメな国もない。学べるところは学びたい。関係ないが、政体としては、2000年前のローマは今の日本、米国、中国よりもぜんぜん優れてると思うが、いかが?

T社長と別れてから書店へ。
昔読んだ小説やチェゲバラの回顧録などを購入。
先に言っておくと、ゲバラとか読むと影響されて意味もなく「ウレ、革命したい!」とか言い出すと思うが、一週間くらいで飽きるはずだから、そっとしておいてください。

そんなこんなでクライアント、スタッフ、協力会社、協力スタッフ、みなさんのおかげで、今年もオキーフは大きな問題もなく過ごせました。
ありがとうございます。

少し早いですが、良いお年を!
posted by 手嶋 at 07:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

アンドリューワイエス

11月に練馬から渋谷に引っ越しをした。

渋谷の東急文化村でワイエス展がやっていたので、奥さんと見学に出かけた。

かなり混んでいたが、画録も買えたので、後でゆっくり観ることにしよう。
何より、彼の習作を生で観れたのは収穫だった。
ワイエスの静物画に、人の気配がする理由、その軌跡も知ることができた。
愛情豊かな画家である。

展覧会のあと、奥さんとラーメンを食べる。
850円で、味は可もなく不可もなく。

ラーメン屋を出て、副都心線に乗る。

トコトコと練馬区の富士見台まで移動して、極真の稽古。
移動中にオグルヴィの本を読むつもりが、なぜかテトリスの稽古。
レベル15で10ブロック放置してから、挽回するというプレイに凝っている。
空手はあまり上達しないが、おそらくテトリスなら壮年でもかなりイイ線いけるんじゃないか? 俺。
どうでもいいが。

今年最後の支部長クラスの稽古を楽しんだあと、ミスタードーナツに行く。
年のわりには激しい運動をしているので、いくら食べても太らない。
というか、食べないと、やばいんじゃなかろうか?

明日、うちの支部は昇級審査だ。
私は、黒帯に挑戦する先輩の10人組手の相手をつとめることになった。

カフェオレのおかわりが無料なのがいいね、ミスタードーナツ。

ワイエスの絵はこんな感じ。
クリックで拡大されます。

ys1.jpg

ys2.JPG

ys3.jpg
posted by 手嶋 at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

実験的なサイト

目的を持たない実験的なblogサイト(?)がリリースされました。

地上3cm
http://chijo-3cm.jp/

今後、どう成長していくのか、注目しています。
posted by 手嶋 at 15:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

人は専門に弱い

ソニー、キャノン、日興など大企業のリストラが激しい。
新聞記事を読むたびに「あーあ」な気分。

先日、クライアントの社長さんに言われた。

「手嶋さん、人件費は儲かっているときはタダみたいなもんだけど、景気が悪くなると、これほど重いコストはない」

よく分かるなあ。

ただ、今は確かに不況だけど、突然やってきたわけだ。

みんな、どうしていいか分からない。混乱している。

私はそれがチャンスにしか見えない。

あなたの会社の商品名を

不況用〇〇〇

とするだけで、興味を持つ人は増えるはず。

やってみてほしい。
posted by 手嶋 at 15:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

麻生内閣支持率22%

081208_154134.jpg

素朴な疑問。

高くないか? 支持率。
多くないか? 麻生おーけーなピーポーが。(たまには英語使わないと、鈍るからね!)

5人に1人が支持しているわけだが、多くね?

と、毎度思う。

だって2500万人くらいの日本人が「麻生内閣なら大丈夫!」って言ってるわけだ。

友人や知人との世間話では、体制は批判するもの、と自動化されてる感はあるにしても、私の周囲で麻生総理を支持している人は皆無。

この差ってなんなんだろうね。

私が世間話に「体制批判しろしろオーラ」を出してバイアスをかけているのか、たまたまなのか。
それとも、世論調査って質問の仕方にポイントがあるのか。

いずれにしろ、なんか「体感支持率」と違うんだよ、毎回。
posted by 手嶋 at 15:51| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。