2009年03月27日

2つの謎々を出しますよん

今日は2つのなぞなぞがある。

1つは簡単で、もう1つはちょっと難しい。

もしも、あなたが、2つ目を正解した場合、以後、手嶋に広告・販売促進のコンサルティングは依頼をしない方がいいと思います。
残念ながら、私がアドバイスすることは、僅かです。

まぁ、自分営業妨害はこの辺りにして、今日の本題に入りましょう。

私が麻生総理を「大丈夫ですか?」と思ったのは定額給付金の話から。

字が読めないのは、別にいいと思います。
総理大臣のブレーンには「優秀」な人がそろっているでしょう。
そんなのは、字しか読めない人や、字だけは読むのが得意な人に任せればいい。
しかし、方向性や解決策の提示こそが、総理の仕事だと思う。
あるいは「提示された策」の選択ね。

12,000円ずつ配って、いったいどれだけの経済効果があるのか。
せめて、現金じゃなくて、商品券なら「換金」という別の目的ができるため「動き」を誘発できるから、まだマシだと思うのだが。
あるいは、預金1000万円以上の人の口座にだけは、特別に倍払う!
だから、貰うなら1000万円以上の口座にしましょう! ただし、窓口で申請しないといけません。
みたいなことにすれば、とりあえず窓口には来るじゃん。で、銀行が証券売れば、相当な資金が「市場」に流れ、株価だって回復すると思う。

まぁ政府が特定の「商品券」を扱うというのは問題なんだろうし「銀行優遇」とか言って、世論の批判もあるだろう。
そこを裏技でクリアできるのが法律であり、政策だと思ってるんだけど、まぁいいか。

さてさて、その給付金であるが、いろんな派生商材が出来ましたね。

悪い言い方をすれば便乗商法、私から見るととてもポジティブで「アンテナが高い、実行力のある」商法になるんですが。

たとえば、近畿日本ツーリストは「定額給付金で旅に出よう」と12,000円のパックツアーを企画している。最初にやったのは違う会社だったような気がするけど、まぁ、そこは大手の強さなのかな。
下のURLのような商品です。

http://www.knt.co.jp/kokunai/special/teigaku.html

web上の本コンテンツでは特に触れていないが「定額給付金で○○を買おう」というリスティングで、誘導だけ時事ネタを使っているケースも含めると、かなりの数になる。たとえば、DELLのパソコン。

http://www1.jp.dell.com/content/products/productdetails.aspx/laptop-inspiron-9?c=jp&cs=jpdhs1&l=ja&s=dhs&~ck=mn&ST=%e5%ae%9a%e9%a1%8d%e7%b5%a6%&dgc=ST&cid=33281&lid=783306&acd=1059162053234140

中には、定額給付金で「防犯」なんて、意味不明の商材まであった。
防犯って「余った予算」でやるもんじゃないだろうwww
これは「相手」と「人がどうすれば行動するか」が見えていないケースだ。

まぁ、いろいろあるけど、民間企業としては、これらは、時事ネタということで、ニュースになりやすいし。
また、ネットマーケティグ的にも「記事になりやすい」ので、やらないと損なところはある。

実際、最初に「定額給付用の商品、サービス」を認知させた会社は、新聞やテレビに出た。

こんな例はいくらでもある。
たとえば、最近では、リーマンショックで「AIGとリーマンの社員はビールとツマミが半額」としたシカゴのレストランが、ロイターの記事になり世界中を駆け巡った。これは以前に本blogでも少し書いた。興味があれば以下のURLを参照。

http://teshima.seesaa.net/article/106918623.html

これで思い出すのが、消費税が導入された時のことだ。

私は国民として、故竹下登の政策は、凄かったと思う。通したんだから、消費税を。
消費者としては、もちろん「うざけんな、バーカ」であるが。
でも、必要だと思う。
税金、払うのがすげー嫌いだけど、大切だと思ってるから。

ああああああああああああああああああああああああああああああああ、色々思い出して、気が狂いそうになった。

その話は、今日は関係ないから、話を戻す。

この消費税、導入当時は消費者の反発意識はとんでもなかった。

そりゃ、そうだよ。

物価がいきなり「ある瞬間」から目の前であがるわけだし。

当時の消費税は3%。

この時、とある会社が「消費税分の値引きをします!」として、やたらに儲かったことがある。
このときも旅行会社だったんだけど。。。

12万8000円の旅行をさ、棒線引っ張って、赤字で12万4200円! って言われても「はぁ?」って感じだけど、頭にきている時に「消費税分、値引き!」と言われると、これはクルね。

わからんが、俺はクルね。

もちろん、最初に公言したところはマスコミに出ただろう。
当時は私も学生なんで、よく知らないけど。
ただ、マスコミに出ない会社や商店も、このキャッチは売れに売れた。

さてさて、ここで最初のなぞなぞです。
これでウハウハした会社は、ずっと続いたでしょうか?

答えを、あなたは知っています。

今「消費税分 無料」なんてトチ狂った、意味不明の広告を見た人はいないはずです。

つまり、当たり前になってしまい、まったく効果がありません。
効果があれば、まだやっている会社があるはずですが、私は10年くらい見たことがありません。

つまり、ダメなんですね。

ここで分かることは「マスコミを動かすためには時流」が大切だけど「それはずっとは続かない」という当たり前のことです。

私は時事ネタを利用して、マスコミを動かすというPRを「ギャップ」と呼んでいます。

この「ギャップ」は、つまり時間に左右される。

「効果がある広告の半分くらいは、時間を含めた環境に左右される」わけです。

ちょっと整理しましょう。

広告を出す目的は?

これは簡単です。

反響が欲しい

当たり前です。

反響とは「その製品に興味があるから、資料が欲しい」であったり「申し込みをしたい」という、そういう顧客からのアクションです。

本来、

良い広告とは=反響のある広告

と思われがちです。

であれば、当面は「定額給付金」をうたえば、ただ12,000円と言うよりも、反響は確実にあります。
もちろん、競合のやり口にもよりますが。
しかし、私からみれば、これは「良い広告」ではないのです。

厳密には良い広告の必要十分条件を満たしていません。

だって、そうですよね。

来年には「反響がない広告」になることが確定しているので。

ここで、2つ目のなぞなぞです。

本当に良い広告とは、なんでしょうか?

答えは以下の通り。







○○○○○○○○い広告です。
※分かりづらいとアレだから、○は全部ひらがなです。漢字も開きます。

上の○を全部埋められたら、マーケティングについては、セオリーだけ勉強すれば、本質はまったく変わらないことに気がつくと思っています。
posted by 手嶋 at 23:19| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

「F1総合王者」勝利数決定は来年に延期

以下、nikkansports.comから転載。

「F1総合王者」勝利数決定は来年に延期

 F1の年間王者を決める新方式が、わずか3日で覆された。国際自動車連盟(FIA)は20日、年間王者を従来通りに獲得ポイントで争うことを発表した。FIAは17日に、今季からは勝利数が最多のドライバーを王者にするという新方式を発表。開幕戦(27〜29日、オーストラリアGP)直前のルール変更に「決定が遅すぎる」と各チーム、ドライバーから激しい反発を受け、新方式の導入を来年に延期した。各チームは来年からの導入には対応するという。

 昨年は年間6勝のマッサ(フェラーリ)がポイントで及ばず、5勝のハミルトン(マクラーレン)に王座を譲る形になった。そのねじれ問題を解決する新方式だったが、変更があまりに急だった上、F1チーム協会(FOTA)が出していた優勝者と2位のポイント差を2点差から3点差に拡大する案が無視されたことが、強い反発を呼んだ。

 [2009年3月22日9時8分 紙面から]
http://www.nikkansports.com/sports/motor/news/p-sp-tp2-20090322-473965.html

まぁ、私はこの「優勝回数=チャンピオン」というのには、反対だ。
そもそも、ポイントを積みあげてチャンピオンシップを戦うというF1の50年以上の文化に合わない。

野球がいきなりヒットの数で勝敗が決まる、とかなったら、違うゲームでしょ。
であれば、アウトは5回まで、とかのルールの方が、まだマシだと思う。

で、思うのは、やはりポイントで差をつけるのがベストだ。

現在、
1位は10 2位は8 3位が6

これがそもそもおかしい。
Aさん、Bさんがいたとしよう。

1回戦 Aさん1位 Bさん2位
2回戦 Aさん1位 Bさん2位
3回戦 Aさん1位 Bさん2位
4回戦 Aさん1位 Bさん2位
5回戦 Bさん1位 Aさんトラブルでリタイア

これ、どうみても、Aさんが速い。
速いんだけど、ポイントを計算すれば、

Aさん 40ポイント
Bさん 42ポイント

4勝がパーだよ、パー!(誰に怒ってるんだよ、俺)。

そう考えると、一番優勝してる人がチャンピオンというのは、アリな考え方だ。

84年のラウダvsプロスト、87年のピケvsマンセル、あたりは、優勝回数で決めて欲しいくらいだ。

84年はこんな具合だった。

1位 Nラウダ 5勝 2位3回 表彰台8回
2位 Aプロスト 7勝 2位1回 3位1回 表彰台9回

結局、0.5ポイント差でNラウダがチャンピオンになる。
優勝回数も表彰台もプロストが勝ってるわけだから、気分としては、84年はプロストがチャンピオンじゃないの? 

まぁ、その結果、プロストは「優勝する」ことよりも「ポイントをとる」走りになったので、あらゆるチャンピオンは「ルールの中で最上」の走りを選択する。
そもそもが起きた結果に対して前提を変えるというのは、無理な話だけど、そこはそこで、脇に置いておこう。

それに、観客としては、やはり「んー?」みたいなところはあるし。

ちなみに、86年はこんな具合だった。

1位 Aプロスト 4勝 2位3回 3位3回 表彰台10回
2位 Nマンセル 5勝 2位1回 3位2回 表彰台8回
3位 Nピケ 4勝 2位3回 3位3回 表彰台10回

これは微妙だなぁ。マンセルファンの私としてはNマンセルと言いたいところだけど、表彰台で負けてるからなぁ。
保留だな、これは。

87年のチャンピオンはNピケ。鈴鹿で怪我したマンセルは後半の2戦を欠場している。

1位 Nピケ 3勝 2位7回(!) 3位1回 表彰台11回
2位 Nマンセル 6勝 2位0回 3位1回 表彰台7回
3位 Aセナ 2勝 2位2回 3位2回 表彰台6回
4位 Aプロスト 3勝 2位1回 3位3 表彰台7回

これは圧倒的にNマンセルっぽいとは思う。だって、マンセル6勝に対して、ピケ、セナ、プロスト全員が半分以下の勝利数だから。
まぁ、ピケの2位7回って怖いけど。

ちなみに、この案のきっかけになった、去年の結果について。

1位 Lハミルトン 5勝 2位2回 3位3回 表彰台10回
2位 Fマッサ 6勝 2位2回 3位2回 表彰台10回
3位 Kライコネン 2勝 2位2回 3位5回 表彰台8回

たしかに、マッサに軍配があがるとは思う。

思うんだけど「優勝回数=チャンピオン」というルールのの穴ってさ、2人せいぜい3人くらいでチャンピオン争いをして、5勝とか6勝でせめぎ合うことを想定してないか?

たとえば、こんな場合の時、どう思う? 18戦あったとしてだ。

Aさん 優勝2回 2位6回 3位4回 リタイア6回 表彰台12回
Bさん 優勝3回 リタイア15回 表彰台3回

どう考えても、Aさんがチャンピオンだと思うが。

モデルケースになりそうなのは、ロズベルク(父親の方ね)がチャンピオンになった82年に起こっている。

1位 Kロズベルク 1勝 2位3回 3位2回 表彰台6回
2位 Dピローニ 2勝 2位2回 3位2回 表彰台6回
3位 Jワトソン 2勝 2位2回 3位1回 表彰台5回
4位 Aプロスト 2勝 2位2回 表彰台4回
5位 Nラウダ 2勝 3位1回 表彰台3回
6位 Rアルヌー 2勝 2位1回 3位1回 表彰台4回

酷いね、これも・・・

ただ、面白かったんだろうなぁとは想像する。
ま、それはいいとして、この場合、ロズベルクがチャンピオンでもいいが、表彰台の数がピローニと同じで、ピローニは2勝。
ピローニがチャンピオンでいいんじゃね? と思う。

そして、もしもだ。
勝負の世界でもしもを言ったらいかんが、チャンプオンシップ4位以下の、プロスト、ラウダ、アルヌーの3人とも、あと1回優勝して勝利数を3勝としても、当時の9ポイントでは、ロズベルクには負けてしまう。
3勝した人がいるのに、1勝しかしてないロズベルクってのは、やっぱり納得がいかない。
ということで、勝手にF1のポイントを決めていいなら、私ならこうする。

ポイントは

1位の価値



完走の価値

の両方のバランスを、どうとるか、だ。

以下、手嶋案だ。

優勝 65ポイント
2位 30ポイント(つまり、2位2回では優勝より価値が劣る)
3位 20ポイント
4位 9ポイント(表彰台か否かは、ケタが違うから文字通りケタを変えた)
5位 7ポイント
6位 5ポイント(昔は入賞は6位までだったから、7位や8位とは差をつけたい)
7位 2ポイント
8位 1ポイント

そしてさらに、ポールポジションとファステストラップにもポイントが欲しい。
完走率やらマシンの熟成やら信頼性というのは分かるが、ドライバーの繰り出す、乾坤一擲の勝負、速さをちゃんと評価したい。

ポールポジションの価値はもちろん、優勝よりは下だ。
ただし、3位よりも価値はあると思う。2位と比べると微妙だ。
ってことで、ここは、ポールポジションを25ポイント。

つまり、ポールトゥフィニッシュをしたら、90ポイントが貰える。

ファステストラップの価値は、独断で3位に近いが、ちょっと劣る。
さらに言えば、ポールポジションよりははるかにおとる。

ということで、

FLには12ポイント

つまり、ハットトリックをすると、102ポイントがとられる。

ポイントがインフレになってしまうのが馴染まないならば、10%にしちゃえばいいし。

ハットトリックしたら10.2ポイント

どう、だめ?
posted by 手嶋 at 19:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

急ぎの対応に自信がある印刷会社さん、無料で自社の宣伝をしてみませんか?

新サイトをリリースしました。
リリースというか、準備バージョンを公開って感じです。

印刷物のサイトです。
たまに仕事をしていると「至急、印刷して欲しい!」という場合があると思います。
ちょっとくらい高くても。
そんなニーズと

急ぎ対応OKの印刷会社さん

をマッチングするサイトを作ってみました。

まだ、準備公開で、印刷会社さんを募集しています。

無料で新規顧客を獲得したい印刷会社さん

あるいは

無料で自社の広告宣伝をしたい印刷会社さん、ご登録お待ちしています。

090319-print.JPG
http://print-speed.jp/
posted by 手嶋 at 23:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

2009年ボナボナ戦争

今朝のニュース、怒るところなんだろうけど、私は笑ってしまった。

米国の公的資金が注入されたAIGの幹部のボーナス。
なんと、一時金のくせに1億円を超えた人が73人もいるようだ。

米国政府はこのボーナス支給を阻止しようとしたが、無理だったみたい。出したもん、引っ込めるかゴラア! みたいな感じなの?

江戸っ子?

まぁいいとして。

昔、なかった?
友達のお菓子を無断で食って、友達が怒ると「だって、食っちゃったもーん」とか、変な言い訳。

子供なら、ここで泣くか、殴るか、だけど、米国は違う。

怒り狂った米国政府は、なんとAIGのボーナスには90%の税金をかける法案を検討しているとのこと。

「法律だもんねー」というところなのかな?

               . -―- .      やったッ!! さすが米国!
             /       ヽ
          //         ',      おれたちにできないことを
            | { _____  |        平然とやってのけるッ!
        (⌒ヽ7´        ``ヒニ¨ヽ
        ヽ、..二二二二二二二. -r‐''′     そこにシビれる!
        /´ 〉'">、、,,.ィ二¨' {.  ヽ     _ _      あこがれるゥ!
         `r、| ゙._(9,)Y´_(9_l′ )  (  , -'′ `¨¨´ ̄`ヽ、
         {(,| `'''7、,. 、 ⌒  |/ニY {               \
           ヾ|   ^'^ ′-、 ,ノr')リ  ,ゝ、ー`――-'- ∠,_  ノ
           |   「匸匸匚| '"|ィ'( (,ノ,r'゙へ. ̄ ̄,二ニ、゙}了
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  | | ,ゝ )、,>(_9,`!i!}i!ィ_9,) |人
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  || /-‐ヽ|   -イ,__,.>‐  ハ }
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |′ 丿!  , -===- 、  }くー- ..._
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |.  { {ハ.  V'二'二ソ  ノ| |    `ヽ
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.  ヽヽヽ._ `二¨´ /ノ ノ
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |、   \\'ー--‐''"//
\___,/|  !  ::::::l、  \  \| \   \ヽ   / ノ

いあいあ、道理としては合ってるし、救済されているAIGが巨額のボーナスはダメだと思う。
正しいとは思うのだけど、米国の「ナリが大きい子供」なところが出ていて、劇画的だと思った。

まぁ、AIGの幹部としては、こんな気分なんだろうけど。

                            
                おれは今やつの怒りをほんのちょっぴりだが体験した
               い…いや…体験したというよりはまったく理解を超えていたのだが……
         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|       あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|    俺はボーナスをもらったんだ
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ     もらったんだが、手元に残らないんだ
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人     な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ     おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ     頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \  催眠術だとか夢だとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ  そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

以下は日経ネットから転載

AIGの高額賞与に「全額課税」案も 米議会で浮上

 公的支援で破綻を回避した米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)幹部への高額賞与の支払いに関する批判が米国で広がってきた。議会では約1億6500万ドル(約160億円)の賞与のほぼ全額に課税する案が浮上。政府もオバマ大統領の意向を受け返還を求める方策を模索している。契約に基づいて支払い済みとするAIGとの間で、綱引きが続きそうだ。

 ニューヨーク州のクオモ司法長官によると、今回の賞与はデリバティブ(金融派生商品)業務の担当幹部らが対象。73人が100万ドル(1億円弱)以上を受け取った。AIG側は過去の契約に加えて、デリバティブ業務の縮小を円滑に進めるためにも支払わざるを得ないとの立場だ。高額の賞与を受け取った11人は既に退職している。

 議会では民主、共和の両党から批判が相次いだ。リード上院院内総務(民主)は「ボーナスに課税する法案を策定する用意がある」と言明。(ワシントン=大隅隆)(10:06)
posted by 手嶋 at 16:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

スタンド名「キトチトゥース」

キトチの乳歯が全部抜けたらしい。

私は、猫の歯のことをまったく知らないので、どれが乳歯でどれが永久歯か、まったく区別がつかない。

「ほらほら」と見せられても分からないわけだが、獣医師の奥さんが言うのだから、抜けたのだろう。

去年の10月上旬、あるご夫婦に公園で保護されたキトチ。
ご夫婦の家には2匹のワンちゃんがおり、さらには旦那さんが猫アレルギーということで、里親募集をされていた。

あれやこれや、やり取りさせていただきながら、10月下旬に我が家に到着したキトチ。
当時の写真は、彼のよちよちぶりを、このように物語っている。

090317-1.jpg

090317-2.jpg

正確なところは分からないが、キトチの誕生日は2008年10月1日前後であろうと推測される。

つまり、現在は5ヶ月と17日歳という計算だ。

ナリは大きくなったが、奥さんのことをお母さんと思って甘える。
こんな甘えん坊が、世知辛い現代社会をわたっているかどうか、国際社会では疑問の声があがっている。

090316_135946.jpg

ここ数日、乳歯の確認をするたびに、暴れてスタンドを出しまくるキトチ。

090316_135921.jpg

ありのまま起こったことを話せば、歯が抜けただけである。
が、まぁ、そこはそこであろう。
posted by 手嶋 at 14:21| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

極真空手千葉県大会

090315_152618.jpg

ブライアントレーシーの本を読みながら、恵比寿から電車でゴトゴト。

「自分を好きになりなさい」とか書いてあるが、読んでるこちらが少しばかり恥ずかしい。

トレーシーの言葉攻めを浴びながら、千葉県野田市の清水公園駅に到着。

極真空手の千葉県大会があったので、応援に来たのだ。

杉山徳選手は残念ながら三回戦敗退。
県大会とはいえレベルが高い。
優勝した鎌田選手の強さはヤバイと思う。

会場でバレンタインのチョコをくれた女の子を見つけので、ホワイトデーのキャンディをあげた。

買っておいて良かった。

ところで、野田市を気に入った。
お店は少なく、とにかく広い。
やっと見つけたコンビニでパンとビールを買って、河原でランチをしたり、楽しかった。

仕事を引退したら、こういうところで暮らして、のんびりと酒、読書、空手の日々も憧れる。
posted by 手嶋 at 15:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

キャットフードは経費になるか?

家で飼っている猫の、キャットフードを会社に経費にする方法。

まぁ、節税が好きな人には当たり前の話だけど、こうすると経費になる。

「営業担当 看板猫 キトチ」のような名刺を作る。
会社のパンフレット(オキーフにはないけどねw)に猫の写真を入れたり、ホームページで紹介をする。
たまに「出勤」させてクライアントに頭撫でてもらう。

キトチ(手嶋家の飼い猫)は残念ながら、オキーフのスタッフではないので、彼の食事代は経費になっていない。

なっていないが、ふと強欲なウレは計算を試みるのであった。

モンプチなるドライフードは食べ放題になっている。
キトチは育ちざかりだから、量が必要なのである。
月にしておよそ3000円。

ドライとは別に、好物の猫缶(100円ショップで購入)を1日1缶、おやつとして支給している。
成長に必要な量はドライで保証されているとはいえ、そこはそこ(何?)。うまいよ、うまいよと食べる猫缶は、キトチの楽しみの1つだから、必要なのである。
これが月に3000円。

つまり、合計すれば月の食費はだいたい6000円くらい。
年間7万2000円である。

この7万2000円、当然のことであるが、サイフから取っ払いすると、サイフに入るまでに、当然、住民税やら所得税などの税金が差し引かれている。
たとえば、日本人男性のサラリーマンの平均給与が520万円くらいらしいが、手取りは430万円くらいになる。
つまり、7万2000円を個人のお金で払うと、実は8万7000円くらいの「給与」が必要になる。

吐きそうになるよね。

そこが、会社払いにするだけで、いきなり1万5000円も浮くのだ。

ニヤけた笑いが出てくるじゃないか。

もちろん、これが年収で1000万円、2000万円となれば、7万2000円をサイフに入れるために必要な支出は10万、15万円と増加していく。

┏(^o^)┛ コワヒ

ここでは、平均年収で計算して、1万5000円が浮いたとして、次を考えよう。

会社が利益を出していれば、地獄の法人税から逃れることはできない。
あの、違法な賭場の売上まで「利益が出てれば、とりあえず徴収する」という税金である。
この場合、7万2000円を経費に組み込むと、3万2000円くらい税金が減る。

つまり、全部ひっくるめると、7万2000円を「誰」が「どう払う」かによって、恐ろしいことに、4万7000円もキャッシュが浮くことになる。
安い名刺であれば、2000円くらいで作れるから、猫ちゃん名刺の経費を差し引いても、毎年4万5000円が浮く計算だ。

10年で、なんと45万円である。

うわあ。

45万円あったら、このマンション買えるじゃん!
1DK、43.41平米、上越新幹線の越後湯沢駅からバス40分。
なんとも評価がしずらい物件であるが、まぁ、マンションが買えるのである。

090308gai.jpg

090307zu.jpg

http://used.realestate.yahoo.co.jp/bin/cdetail?rps=4&pf=15&md=area&to=10000000&spfrom=0&wlk=0&geo=15103%2C+15202%2C+15226%2C+15300&year=0&code=a4557555201atho

まぁ、この物件、自宅として住むつもりがない私としては「100万円あげるから、貰ってください」と言われてもNOだけど、それはまた、気が向いたら書きます。
環境が気に入って住みたい、という人はいいと思いまふ。
posted by 手嶋 at 23:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

経歴と人材について

今、オキーフでは正社員の中途採用を進めている。
書類選考は全て終わり、面接の最中だ。

職種はコピーライター、編集者。

まぁ、文章を構成したり、書いたりする人。
ポータルサイトの記事執筆、クライアントへの取材、あるいはセールスレターの代筆なんかをする。Webコンテンツのコピーライティングなんかもある。プラス、雑用やね。

不況のせいか、以前では考えられないような人材が応募してくれる。
大手新聞社の記者だった人、有名雑誌の編集をやっていた人、素晴らしい経歴の方々も少なくない。

この不況は、いつも人材不足に悩む中小零細は凄いチャンスだと思う。
経費削減も大切だけど、投資として採用に取り組んでみたら、どうでしょう。

まぁ、あれだけど。

経歴が素晴らしい = 良い人材

とは、もちろん簡単には言えない。
どちらかといえば、

経歴が素晴らしい = あまり使えない人材

だと私は思ってしまう。
特に、零細企業が採用する人材としては。

身の程知らずなことを敢えて書かせていただくならば、大企業の人材の80%は大したことがないと思っている。
ただし、上位の5%は唖然とするような高いレベルであることも知っている。
凄い人ばかりいる会社もあるにはあるけど、それは少数派じゃないかな?

もちろん、ビジネスパーソンに限定すれば、学生の頃は大した差がない。
大企業の人は、最初のポテンシャルは高かっただろう。激しい競争をくぐりぬけているわけだし。
しかし、長く勤めていると、危機やピンチのレベルや範囲が、大企業と零細ではぜんぜん違う。

で、小さい会社の人材は50%くらいの確率で「優秀な人材」だと思っている。

なぜか?

大企業はビジネスモデルが優れている。
だからこそ、大きくなれた。
つまり「誰でも稼げる仕組み」を作り出しているから、凄いのだ。
馬鹿は自分にしか出来ないビジネスを作り、賢者は誰でも出来る仕組みを作る、というのはまさに金言だと思う。

耳が痛いよ、いっぱいいっぱい。

中小零細は個人の能力に売上が直結する。
ビジネスモデルが脆弱だからこそ「タレント」に頼らざるをえない。
結果的に、優秀あるいは優秀っぽい人材で構成しないとやっていけない。

優秀かそうでないかの線引きが、私の場合はモロに零細企業のそれになっているので、見るべきポイントも大企業のそれとは違うから、笑う人もだろう。

また、大企業に対する嫉妬みたいなものが、こういう考え方にしているのかもしれない。
自覚はないのだけど、ないとは言い切れないし「大企業はダメだ」と自分に言い聞かせて、零細経営者の自分を正当化している可能性はあるだろう。
これはこれで、恥ずかしい話ではあるが、生きる知恵ってことで、まとめてほしい。

まぁ、つまらない中年零細経営者の「自分探し」はどうでもいいとして。

そんなこんなの事情から、オキーフの場合は、経歴や学歴よりも、センスや「オキーフに合うか?」をポイントにして選考している。

オキーフは優秀なスタッフばかりだ。
これは誇らしい半面、自分がダメな社長という証明でもある。

そう思うと、アンニュイな午後である。

下の写真は育ったキトチ。生後5ヶ月と10日。
写真クリックで拡大します。

090306_151515.jpg

090306_151551.jpg
posted by 手嶋 at 16:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。