2009年04月21日

でらうま

090420_233949.jpg

仕事が終わり、久しぶりに、ゆっくりと、夜にやぶ屋で焼肉。

うずらの串揚げと、ゆずサワーだ。

先週まで、かなり忙しかったけど、今週は少し余裕がある。

なにより、明日から3日、アポイントメントが入ってないので、書き物やら社内仕事を片付ける予定だ。

書き物といえば、アウトプットだ。
インプットなきアウトプットはありえない。
読書もたくさんしよう!
と考えたところで急に気が付いた。

もう10年以上、ちゃんとエロ本を読んでいない。

やぶ屋は名古屋名物の店だからメニューには「でらうまいよ」と書いてある。

でらと言われて連想するのは「デラベッピン」というエロ本だ。
大好きだった。

連想の引き出しが、我ながら情けない。

「デラベッピン」あれはまだ、あるのだろうか?

コンビニで見つけたら、買ってみよう。
仕事で活用できれば経費で落とせる(お?)
posted by 手嶋 at 00:12| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

表参道AO:カフェラントマン

某クライアントさんは、オキーフ創業すぐからのお付き合いで、もう5年ほどになる。
マーケティングコンサルティングとネット運営をやらせていただいている。

そのクライアントさんが昨日「ネットのお陰で、良い契約がとれたので、ご飯をご馳走したい」と申し出てくださった。

有難い。
仕事してて良かったと思える瞬間だ。

連れて行っていただいたのは、表参道に出来た新しい商業ビル「AO」のレストラン、カフェラントマン。

1873年創業のウィーンでは有名なお店の日本店。
ビルの4Fのお店で、テラスがあって、景色が良かった。
テラスで食べた。

090413te.jpg


090413ao.jpg


ウィーン料理のコースというのを初めて食べたけど、ソーセージやカツレツが旨いし、ワインも良かった。

090413ryo.jpg


夏にビアガーデンもいいかも。ソーセージ旨いし。
posted by 手嶋 at 16:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

準備不足について思うこと

昨日は極真空手の昇級審査だった。

3/29に試合があったため、型の稽古をおざなりにしていた。

3/30〜4/11までの10日くらい、審査に向けて努力をしてみても、やっぱり付け焼刃だぬ。

とはいえ、審査が終わったので、5/17の支部内交流試合に向けて、組手の練習に専念できる。

こうして書くと「ちゃんと準備が出来ていないなら、審査を受けるべきではない」みたいに考えているように見えるかもしれないが、私はあまりそう思わない。

どこに「誠実さ」を持つかと考えた時、人によってそれぞれ違うだろう。

「教わっている先生に失礼だし、全て完璧にしてから審査を受ける」という考え方は、極真としては1つの正しさになると思う。

ただ、私は「与えてもらったチャンスは全部、挑戦する。もちろん、当日までに出来る限りのことはする。で、ダメだったら、恥かけばいいや」というものだ。

武道としてとらえると、かなりいい加減なスタンスなのかもしれない。
あまり真面目ではないなぁと思ったりするけど「ちゃんと準備」というのが、現実的に難しい。

このところ、仕事が忙しい。
本来、あまり忙しくしないようにしているが、まぁ、あれやこれやあって、忙しい。
当然、極真の稽古もあまり出来ない。
去年の今頃は、仕事をあまりしなかったので、週に5回とか出ていた。無暗に練習に来るので、先輩から「大丈夫ですか?」と声をかけられたことも何度かあった。

5/17の試合までに、もっと時間をとりたいところだけど、とれる時間にベストを尽くせばいいかな、と考えている。

私の友人でAというのがいる。
頭がいい人である。優等生であった。
おそらく、起業をしたら、すぐに成功するだろうな、と思うような人である。
その人に「自分で会社やらないの?」と質問したら「準備が終わったら、やる」とのこと。

果たして、会社経営の準備とはなんであろうか?

人によって違うだろうけど、一般的にこんな感じになるのかな?

経理・財務

の勉強。簿記2級くらいはあるといい。
銀行についての知識もあれば、なおいい。

さらに

営業ノウハウ+人脈

を作って、売上のめどをつけたい。

マーケティングやブランド戦略

もあれば、なお良い。

組織論やマネージメントのノウハウ

も、もちろん、必要だ。
さらに言えば

ITのナレッジ 

もあればいい。さらにさらに

商法、民事訴訟法、PL法、個人情報保護法

などなどの法律も知らないとヤケドする。
職種によっては、薬事法もあるだろうし、訪問販売法も絡んでくるところもあるだろう。
支払い方法によっては、割賦販売法もおさえておかないと、ビジネスモデルが崩壊するケースもある。
そして、法律の知識だけではなく、日本は前例判決が主流だから、凡例も一通りなめておきたい。

となると、これ、はっきり言って準備は終わりません。

さらに言えば、上の全ては「商品を売る」「サービスを提供」するための付随事項であって、創業時の社長がもっとも、時間を割くところは「営業」と「自社サービスの構築」だから。

では、要らないのか?

となれば、当然、全部必要。

困ったね。

さてさて、どうするか?

これはもう、やっちゃうしかないかな、と私は思っている。

もちろん、その日の食べ物にも困っているようであれば、まずはある程度の「貯金」はいるだろうし、高校生がある日突然に起業しても、これは上手くいく可能性は極端に低い。

ある程度の準備は必要にしても、準備のハードルってのが、世の中はとても高い気がしている。

写真は「置物」と化した、キトチ。

090412_153130.jpg
posted by 手嶋 at 16:07| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

オキーフの代表取締役が2名になりました

お陰さまで株式会社オキーフは設立からまる5年が経過して、6年目に入りました。

クライアントの方々、オキーフのスタッフ、協力会社さん、協力スタッフの方々、顧問の先生方などなど、ありがとうございます。

今まで、代表取締役は手嶋1名でしたが、2009年4月1日より、取締役の矢部理子も代表取締役に就任して、代表者が2名となりました。

常勤スタッフが5名しかいない会社で、代表が2名ってバランスが悪いという意見もあると思います。
まぁ、私も矢部も、それぞれが別々のビジネスモデルを始める予定でもあり、2名代表としました。

今度ともよろしくお願いします。
posted by 手嶋 at 16:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぞなぞの答え

前回書いた、なぞなぞについて。

○○○○○○○○い広告です。

私が想定していた答えは

コウコクニミエナ い広告

つまり

「広告に見えない広告」

でした。

広告が氾濫している現在だと、ほんとに自分の欲しいものでも「広告された時点」で排除するような動きが、あります。
そのため、まずは伝えたいことを最後まで興味を持って、読むなり観てもらう、というのが大切だと考えています。

細かい方法は色々とあって、この議論の方がテクニカルで面白いんだけど、まぁそれは別の話なので、また今度。

ところが、別の回答もありました。

本blogはmixiと連動していて、友人・知人はmixiにコメントをくれます。

その中であったのが

オカネノカカラナ い広告

つまり
「お金のかからない広告」

ゲームで知り合った個人事業主の友人が書いてくれました。
また、昔大変お世話になった、私の元上司も、同じ回答でした。

最強だとも思いましたよ。
私の答えより、こっちの方がいいですね。
勉強になりました。

「こっちの方が良い」というよりも、正確には「次元が上の答え」だと思います。

「広告に見えない広告」の目的は、CPO(1社の顧客を獲得するために必要な広告宣伝費用)をいかに低くするか、つまりどれだけ反響をもらうか、のメソッドに近いものです。

お金がかかっていないのであれば、表面上はCPOもCPR(1回の資料請求などを得るためにかかった費用)も0円ということになります。
これは究極です。

もちろん、お金のかからない広告にも、デメリットがあります。
それは、反響あるいは売上のコントロールが出来ないこと、です。

来月10件の契約が欲しい

と考えたときに、逆算して動くことができないのが唯一の難点です。

そう考えると、両方取り組むのがいいのかな、と思います。

posted by 手嶋 at 15:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。