2009年08月30日

第45回衆院選

雨の中、さきほど第45回衆院選の投票に行ってきた。

私は東京7区(渋谷区、中野区)である。
隣接していない2区が同じ選挙区というのも、変な話だが、同じ括りにされると、急に中野区民に親近感を覚えた(そんなわけ、ないか)。

世論調査にもあるとおり、今回、民主が圧勝するだろう。
衆院の再議決に必要な2/3の320議席を得るかもしれない。

ただし、思ったほど景気はよくならず、格差社会が是正されることもないと思ってる。
そんなに政治というものは、甘いものではないだろう。
シニカル?
いや、あまり期待しちゃうと、ほら、ドタキャンされるから(キャバクラのアフターと政治は違うけどね!)。

勉強不足と言われればパンツ脱ぐしかないが、民主も自民もそれほどの違いがあると、私には思えない。
もちろん、マニュフェストを比べてみれば、まったく違うわけだ。じゃっかん、民主の方が数字が細かく書かれている分、迫力があるが、政権とったことないから、失敗の蓄積も自民とは違うだろうし、単純な比較はできない。

ただ、どちらの内容も、方法論の違いであって、問題意識としてほぼ同じレベルだ。
リーダーシップを示す権化のような外交、特にPKOとか領土問題のような「危ない話」は、どちらも「むにゅむにゅ」と書いている印象だし。

いま、日本は不況だし、社会保障や地方分権などがプライオリティとして高い。
つまり、何をすべきか? は、はっきりしている。
政権交代という祭りになっちゃってるが、国民としては、課題をどうクリアするか? という方法を選ぶ選挙とも言える。

とすると、リーダーシップよりもマネージメントの力が必要とされている選挙なんだと解釈している。

もしも民主が勝ったとしても、自民の減点による消極的な支持であることを、いつまで覚えていてくれるかな? と考えている。

1党支配が続くと、緊張感がなくなり、自浄作用が働かない。
そのため、2大政党制になってほしいとは願っているが、政治の難しいところに、国民は短期的な政策について、鋭い審美眼を持ち合わせているが、中長期的なそれになると、ブレてしまう。

消費税の問題など、この最たるものだろう。

だから、一方的に国民を馬鹿にしている政治家を責めるのはアンフェアだと思う。
思うのだけど、私は日刊ゲンダイと化して、これからも責め続ける。
理由?
ええと、そっちの方が面白いから!

こうして書いていて思うのは、上場企業が長期的な経営をした時、おそらくファンドはギャンギャン叫び、サントリーの30年以上赤字を垂れ流して続けたビール事業の意義の答えなんて、黒字化したこの時点でも、まだ明確ではないわけだし、難しいよね。

ところで、今回の投票率はどのくらいになるのだろうか?

政治が変わる可能性があるとすれば、それは政党ではなく、投票率が100%に近づいた時だと思う。

今回のような「お祭り」でなくても、投票率を100%にするために、法律で頑張ってほしい。

今日の選挙は「ええじゃないか運動」みたいなところもあるし。

もちろん、100%になったらなったで、今度はマーケティングが上手な政党が強くなってしまう。
広告の規制が緩和された士業で懸念されている「腕よりも宣伝がうまい先生が勝つ」みたいな問題も出てくるだろう。
それはそれで、新しい問題として取り組まないとならないが、とりあえず議会制民主主義というお約束でやっている以上、投票率100%を目指す努力をしてほしい。

こまけえことはいいんだよ(やる夫のAAは略)

と、この前投票したA党が政権とってみたがダメだったから、今回はB党に入れておこう

が、なんだかんだで、結局は一番良いと思う。
独裁国家でもないのに、半世紀近く、ほぼ1党支配ってやっぱり変だから。

税金をあれだけ遺漏なく徴収できるのだから、たかだか投票用紙くらい、簡単に集められるんだし。

いずれにしろ、久し振りに明日の朝刊が楽しみ週末である。

posted by 手嶋 at 20:25| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

金がねえなら結婚しない方がいい

総理大臣のお言葉。

「そりゃ金がねえなら結婚しない方がいい。うかつにそんなことはしない方がいい。金がおれはない方じゃなかったけど、結婚遅かったから」。麻生太郎首相は23日夜、東京都内で開かれた学生主催の集会で、少子化問題に関連してこう述べた。


おっちゃん・・・この発言で、気分をよくする人は多くはないし、少子化というテーマとも逆行するんでは?

集会の演説全文がないし、大手マスコミの体質を考えると、文脈の前後を意図的に切り取って「作為のある抜粋」をしているところはあるだろう。

その上で、やっぱり、ぬるい。

昔からすごい疑問なんだけど、なぜ政治家は失言・失態を繰り返すんだろうか?

辞任した閣僚はたくさんいるのに、誰も歴史から学ばない。
ってか、歴史とか大層なこと言わなくても「知り合いの失敗」という教材から、何も得ない。

うーん。

傲慢とか庶民の目線じゃないとか永田町で完結してるとか想像力がないとか、そういう次元の話なのかな?

閣僚のみなさま、馬鹿なのかな? と思ったが、あるいは私の方が馬鹿で「失言・失態で失うもの、たとえば辞任も含めて、庶民の私が思うほどのダメージ・マイナスではない」ということなのだろうか?

そうは見えないのだけどなぁ。
うーん。

私の空手の先生である川本英児支部長のこんな一言があった。
国際大会の直前に練習に行ったら

「今日はもう、朝から30ラウンド、ミットをとってるよ。体がキツイが、どこまでミットとれるか、記録に挑戦する」

とおっしゃっていた。
なにげない一言だけど、苦痛も挑戦にかえてモチベーションにしている。

ということは、麻生総理も

「どうせ惨敗するなら、どこまでいくかチャレンジするか?! 2桁狙っちゃうか!?」

くらいの勢いなんだろうか?

とすれば、政治家としてはダメでも、チャレンジャーとしてはなかなか見どころがあるんだろうか?

よくワカンネ!

議席を増やすのは無理。
なら、減らすか!?

という目標に変わってきちゃったんかなあ。

posted by 手嶋 at 13:12| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

極真空手第4回世界ウエイト制大会

幕張で行われた、極真空手の第4回世界ウエイト制大会を観てきた。

極真空手のことを知らない人のために、補足が必要な項目には(※)印をつけて、後ほど解説してあるので、そちらもあわせて参照してほしい。

結果から書く。
東京城北支部の鈴木雄三さんが軽量級で優勝。
世界チャンピオンになった。

そして、もう1人、私が応援していた、東京城西支部の森善十朗選手も中量級で優勝した。

森選手の華のある組み手は、世界大会という舞台でも曇らない。
森選手の試合を観ていて襲われる、不思議な感覚について、昨日も考えていた。
試合をしているときに、自分以外にどんな存在を感じるか?
まずは対戦相手だろう。
次が審判。
セコンドもいる。
そして観客。
初心者では、試合中に意識できるのは、対戦相手、せいぜい審判までだろう。
セコンドの声は、まったく届かない。
水の中にいるような感じなのだ。
経験が豊富で強い選手は、セコンドの声を拾いながら、審判のことを考えて、当然、対戦相手の攻撃を受けて、反撃をする。
そして、場合によっては、観客を味方につけて、場をコントロールする、という天才もいるのかもしれない。
しかし、森選手には、対戦相手、審判、セコンド、観客という4つの要素の他にも何かが存在していて、その存在にも、何か伝えようとしているのではないか? と思う時がある。あるいは作るというか。
抽象的な言い回しになってしまうが、動きが言語的なのだ。
あるいは創造的な連続というか。
トリッキーとか面白いの、簡単な一言で片付けたくないと、私は思う。

今までいろいろな試合を観てきた。極真以外にも、K-1やムエタイなどなど。
しかし、表彰式まで残ったのは初めてのことだった。
自分でも意外だった。

私の観戦スタイルの、いつものパターンは、こうだ。
観たい試合が終わってしまうと、酒が我慢できなくなって、山下さんと飲み屋に飛び込んでしまう。
決して、試合がつまらないわけではない。
酒がそれ以上に俺を呼ぶのだ(モテるかと思ってカッコつけてみたが、どうですか? イケてますか?)。

しかし、昨日は最後まで観たかった。

雄三さんの1回戦の相手は、フリア・デル・ヴァレというコスタリカの選手である。
2007年に行われた北米大会の準決勝で山下さんの対戦相手だった。
ヴァレ選手は山下さんに負けて3位だったが、下馬評では優勝候補の最右翼だったし、強さも頭ひとつ抜けていたとのこと。
このヴァレ選手に、雄三さんが勝利。

そして迎えた、準決勝。
ポーランドのモチドウスキー選手(※1)との対戦。
この試合は特に印象的だった。
というのはで、私は自分の試合ではそもそも失うものがないので緊張しないが、今回は観戦中、息がとまってしまっていて、呼吸困難に陥り内容はよく覚えていない。
まぁ、正直にいえば、次の試合の印象が強すぎて、記憶から抜けているのだ。

なにしろ、雄三さんの決勝の相手はあの松岡選手。
そして、この日の松岡選手は充実していた。
ロシアのウルファトフ選手に何もさせずに圧勝し、さらにブラジルのリュウジ・イソベ選手を一本勝ちで倒した。私の隣でロシアのレチ・クレバノフ(※2)が観戦していたが、彼も興奮するくらいの素晴らしい上段蹴りだった。
強かった。
ただ、レチはおそらくチケット買っていない。
空いてるから、座っちゃった感じだった。
目が合ったときに、すげー恐ろしい顔をしていたが、あれは恐らく「俺が悪いのはわかってる。その上で、言う。お前、注意なんぞしようもんなら、殺すぞ」というメッセージではあるまいか?
戦う男の真剣な眼差しが、ゆらゆらと、あたかも揺らめく炎のように燃えていた(文学的な表現)。
当然、単に「なんか、この人怖い」という理由だけで、私は頼まれてもいないのに大会を代表して、勝手に、しかも脳内でレチに許可を出しておいた。

レチ、まぁ好きなところ座れや、と。

話を戻す。

その松岡選手を、雄三さんは本選で1本、延長で3本の旗をあげて優勝。再延長までもつれるかと思ったが、主導権を握り続けた。

私は試合会場の一番前の席で観戦していたので、待機中の選手の表情なんかも見れた。
中でも雄三さんの表情が一番、厳しかった。
優勝したあと、再び壇上に戻ってきた時の表情は、嬉しそうな、普通の青年のそれだった。「あ、普通だ」と違和感を覚えた時に「世界大会」という大舞台を改めて意識した。

私は森選手の組手のファンなので、いつも彼の試合は集中して観戦する。
1秒、一瞬を見逃すまいと。
ただ、この日は試合が終わった雄三さんを見ていた。
松井館長と握手したあと、川本英児支部長に駆け寄り、抱擁を交わした。
川本先生と雄三さんの2人が、フラッシュをたかれながら通路をゆっくり歩く姿を目で追い続けていた。
そのため、雄三さんの試合のあと、すぐに始まっていた森選手の決勝の本戦は半分くらいしか見れなかったのが心残りである。

※1 モチドウスキー:強い外人
※2 レチ:すげー強い外人

posted by 手嶋 at 11:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

鈴木雄三さんの応援

極真空手の全日本ウエイト制大会の歴史は25年以上になる。
その長い歴史の中で、ただ一人、四連覇を成し遂げたのが鈴木雄三さんだ。

そして、雄三さんは、明後日の日曜日、千葉の幕張で世界ウエイト制大会軽量級の部に出場する。
4年に一度、世界中の猛者から厳選された、4クラス、33名が戦うトーナメントだ。

ちなみに私は世界ウエイト制はおろか、全日本ウエイト制でも1回も勝ったことがない。

え?
出てるの?
凄いじゃん!

と思った?

ごめん、出たこともない。あひゃひゃ。

ただ、話の流れだ(どういう流れだよ)。
せっかくだから、私がもしも、世界ウエイト制に出れるとしたら? とシミュレーションをしてみよう。

みんなも気になっているところだろうし。うんうん。

いろんな流れがあるが、例えばこんな感じなのかな?
壮年が一般の試合に出るってのが、そもそも無理というか、30歳から野球はじめて大リーグ目指すみたいなもんなんだけど、面白そうだから書いている。

世界ウエイト制出場

するには、

全日本ウエイト制で優勝か準優勝

しないと出れない。その

全日本ウエイト制出場

のためには

一般の関東大会ベスト8

くらいかな? それくらいには行かないと。で関東大会は、そもそも出れるのが

一般の県大会でベスト4

くらいじゃないとダメだろうから、まずは

一般の県大会に出場

しないとならず、そのためには壮年最強くらいじゃないと話にならないから

極真祭で決勝までいく

くらいの勢いがあれば、考慮してもらえるかもしれない。そもそも極真祭に出るには

壮年関東大会ベスト4入賞

がないと、無理で、関東大会に出るには

壮年上級の県大会でベスト4入賞

くらいが必要になり、そもそも

壮年上級の県大会に出場

するには、

壮年初級の支部内の試合で優勝

しないと、ちょっと厳しいだろう。

でもって、今のウレは

壮年初級の支部内の試合に出場 

という具合だ。

まぁ今、私が出ている試合は「ウレ出る!」って言えば、誰でも出れるやつだ。

ってか、極真の世界大会に出ることの凄さを、自分比較で論じると、いったい、この日記がどれだけ破綻するか?
自分で自分が怖いけど、見てみたい! と思って書いてみたが、今、猛烈に後悔している。

一瞬、うかつな私は「それも、また、おちゃめかな?」と思ってみたが、気が狂った気持ち悪いオッサン以外の何者でもないのである。

違う意味で自分が恐ろしい。

まぁ、あれだ。
人間はそういう失敗を繰り返し、乗り越えることで成長できると思う(遠い目で、しかも変な顔で、諭すように)。
だから、このblogの読者も、失敗にめげずに頑張ってほしい(意味が分からない上に、上から目線で)。

話を戻す。
出場するだけ、これだけ大変な全日本の大会を4連覇するんだから、雄三さんは、ほとに神がかっている。
そして、ついに世界ウエイト制のこの日を迎えた。

私は世界チャンピオン誕生に立ち会うべく「雄三Tシャツ」を着て、当日応援にいく。これね、Tシャツ。^−^

T-shirts_Beginning!!!.jpg1000.JPG

鈴木雄三さんのblogはこちら。
http://www.herointerview.jp/yuzo/


posted by 手嶋 at 21:41| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

ホッピー

090812_212137.jpg

明日から会社は夏期休暇に入る。休み中は書き物仕事を頑張る予定だ。

今日は2件の打ち合わせだけで仕事を早めに切り上げて、極真の山下さんと国立競技場でトレーニングをした。右ストレートのフォームが崩れていたので修正してもらえた。

トレーニングのあと、渋谷の立ち飲み屋で串揚げ。
北千住の天七気分が味わえる。

疲労した身体にホッピーが染みる。
美味しい。
posted by 手嶋 at 21:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

面接について

日本人は律義なのか、ちゃんと「ルールを守る」人が多い。

もちろん、これは良いことだ。

ただ、なんでもかんでもルールを守ればいいか? となると、それはどうだろうか、と考えることがある。

知り合いで、以前、就職活動をしていた人がいた。
私からみれば、真面目で良い人だ。
どこに入っても、がんばりそうだし、採用した会社も損はしないだろうな、と思っていた。

しかし、かなかなか決まらなかった。

不況、ということもあるが、それでも、求人がある会社は存在するわけで、競争率は高くても、誰かは採用される。

大きい会社だと勝手は違うだろうけど、100人以下の会社の半分以上は社長が面接に絡むと思う。

100人以下の会社を狙っていて、それでも、現状打開策がない方に試してほしいことがある。

「応募規定」は無視してみるのだ。
履歴書はメールで送れ、と言っているところに対して、郵送で送ってみる。変なオマケをつけるのもアリだ。

面接までいけず、でも本人は「面接までいけば、どうにかなる」と思っているならば、相手に「面接をさせたい」と思わせるギミックを仕込む。

自分なりに作った業界レポートを所々、スミ塗りして「スミの部分も含めてお話したいので、面接しませんか?」とすると、興味を持つ担当者は多いだろう。私なら、絶対に会う。

あるいは、ライバル会社の商品を同封して「なぜこの商品をあえて、同封したかも含めてお話したいので、面接してください」と一筆添える。

面接までは行くが、最終で落ちてしまうのならば、面接のときに、勝手に「御社の売上拡大のプランを持ってきました」と言って、プレゼンをしてしまう。

売上拡大のプランは間違っていてもいいし、効果がなさそうでもいい。あるいは、稚拙でもいい。

どんなに優れた人でも、いきなり知らない会社の事業計画を作って、ちゃんと実効性があるものが出来上がっていたら、不気味である。

そんな人は自分で会社を作った方がいいだろう。

それよりも「ああ、この人は、こういう風に会社のことを考えるのか? 面白そうだな」と思ってもらえたら、採用の目は出てくるし、2人以上を採用するならば、おそらく、さらに確率はあがると思う。

なぜか?

私なら、そのプランの内容は、良ければもちろん評価するけど、間違っていても、やはりかなり高く評価する。
そして「この人の目をどこに向ければ、ちゃんとしたものが出来るか?」という質問を自分にすると思う。
これはすでに、仕事の指示をどうするか? という業務レベルの思考になっている。

たとえば、3人を採用する会社があったとして。
そこに100人が応募したとしよう。

全部の会社とは言わないが、2人を「無難に良さそう」な人をとり、1人を「万馬券」として仕込む、みたいな動きをする社長は多いだろう。

「良さそう」の競争相手は多いが「万馬券」の競争相手はゼロかもしれない。

最後に実話をひとつ。

知り合いの河原さん(仮名)は、未経験だったが、どうしてもアパレル関係に入りたかった。
どこに履歴書を送っても、面接までもいけない。
何度も繰り返した揚句に、とうとう、履歴書に飴玉を同封して送るようにした。

いま、河原さんはアパレル関係の会社の営業として、日々忙しくしている。

これは面接に限らず、営業フェーズでも使えるし、マーケティングでも有効だ。

そして、相手の利益を先に提案すると、さらにその確率は高まる。
posted by 手嶋 at 02:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

無事に帰宅

極真空手の合宿から、さきほど帰還。
さすがに疲れた。

初日の3時間稽古や、二日目の朝稽古も体力的には問題なかった。
色々な人とスパーリングが出来て楽しかったし。

ヤバかったのは、二日目の昼からはじまった、大山総裁の碑を参拝してからの、下山 → 滝 → 下山。
直線距離にして4km、時間にして2時間半の行軍だったけど、足が・・・
そして、心が・・・(心が、って言いたいだけじゃん、という突っ込みはナシの方向で)

大変だったけど、ちゃんと滝が降り注ぐ岩の足場で、正拳突きをしたので、良い記念になった。

ただ、下山の途中にダーマの神殿あったら、たぶん「ぶどうか」から、別のに転職してた!
posted by 手嶋 at 21:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

090809_103643.jpg

大山総裁の記念碑。

携帯を横にして撮ったため「回転」で送信したが、ちゃんと送れてるかな?
posted by 手嶋 at 10:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

合宿初日の朝

090808_064821.jpg

練馬区の光が丘で集合。
朝早いと気持ちいいな。

写真は杉山徳先生。
6月の全日本ウェイト制大会でもベスト8と活躍された。
生徒さんにも人気がある。

バスに乗り込んだので、これから合宿先の秩父に向かう。
posted by 手嶋 at 07:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

極真の合宿

世間は最近、突発的にデビューした男2人女1人のユニット「しゃぶしゃぶ」(女性は行方不明)で騒がしい。

そんな中、私は土日、極真空手の合宿で、埼玉県秩父の三峯山に行ってくる。

稽古はもちろんだが、大山総裁の碑を参拝したり、滝浴びなんかもあるみたい。
山に修行に入り、稽古して滝浴びとか、ナイスな週末を過ごす予定だ。

まあ、あまり浮かれずに、10月に出場する城西カップのために、普段は機会がない他道場の方とのスパーリングを頑張ることにする。

折れていた肋骨も、先週やっと完治した。
合宿に間に合って良かった良かった。

ただし、気をつけないとならんね。

10日朝、秩父の三峯山の滝付近で東京都渋谷区、自称空手家、手嶋建元さん(38)が行方不明になった。秩父北署や入間海上保安部などが捜索している。

秩父北署の調べでは、手嶋さんは極真空手の合宿に参加していたが、団体行動に馴染まず、勝手に一人であがり狂い、滝に突入して、流された。
手嶋さんと同じ支部に所属する、07年度の極真空手北米チャンピオンの山下悠毅指導員は「手嶋さんは、協調性がなく、いつも一人でどっかに行ってしまう。今回も、滝と聞いて我慢ができなくなってしまったのだろう」と、残念そうに語った。

入間海保によると、当時現場付近には「一撃必殺」という稚拙で、一部誤字が認められる手書きのメモが残されており、手嶋さんが錯乱して記した可能性が高いとみて捜索を続けているが、馬鹿馬鹿しくてやってられない、という声もあがっている。
みたいな記事が出ないようにしないと。
posted by 手嶋 at 00:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

うーん、困った

うーん、困った。

「ドアを開けるとクリントン元大統領が立っていた。その瞬間、悪夢が終わったと思った」

上は、北朝鮮に拉致されていた米国記者が、開放されたときのコメントだ。

やられちゃダメだ、ダメなんだ、ウレ。
と思っていたが、感動で少し震えました。

うまいよね。うますぎる。

テレビの記者だから、視聴者が喜ぶであろう、インパクトのあるセリフが自然と出るんだろうか?

いや、それにしても、これはうますぎる。
ベタベタのアメリカっぽい演出だと考えたほうが、私には腑に落ちる。

帰りのプライベートジェットで台本が用意されていたと勘ぐりたくなるが、それでもグっと来ちゃったよ。

まぁ、ともあれ、無事でよかったと思う。
ローラ・リンさんとユナ・リーさん、お疲れ様でした。
さぞかし辛かったと思います。

ちなみに、私が拉致されたら、日本は助けに来てくれるんだろうか?

前の大統領というと、安倍だっけ? 福ちゃんだっけ?
忘れちゃうくらいにアレだけど、どっちが立っていても、ちょっとアレだなぁ。

「ドアを開けると福ちゃんが立っていた。その瞬間、よく分からないけど進展はあったみたいだと思った。アリバイ作りのポーズでなければ、私はここから、ようやく出れる」

って、あんまり感動しないもんなぁ。
選挙近いのかな? とか、想像して素直にお礼が言えるか、自信がないYO

いっそ、ハマコーとかが立ってる方が「ああ、助かった」と思うかも。

いずれにしろ、米国の人質救出が、日本の拉致問題にも良い影響を与え、追い風になってくれることを祈ります。

なによりも、自由を束縛されるのは、辛いことだと思うんで。
posted by 手嶋 at 13:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。