2012年03月12日

試合など

昨年の東日本大震災からちょうど1年の2012年3月11日に試合をしてきました。
7人のトーナメントで、私はシードでした。
いきなり準決勝ですが、そこで敗退。
いやぁ、悔しいです。

今回、自分なりに試合中のテーマがありましたが、30%も消化できず、残念が半分。
課題が見つかったので、これからの稽古が楽しみなのが半分。

試合が決まるといつも「早く試合が終わって楽になりたい」と思うのですが、試合最中はやっぱり楽しくて、終わった瞬間に「また、すぐに出たい」となります。
怖いんですけどね。

まぁ、とはいえ、空手の試合の負けの悔しさなんて、幸せな話だと思います。
あの震災で、犠牲になられた方々のご冥福を心よりお祈りしますとともに、ご家族、ご友人、まわりの仲間を亡くされた方々に心よりお悔やみを申し上げたいと思います。

震災で亡くなられた方や、いまだに不自由な生活に耐えておられる方々は大勢いらっしゃいます。

私はWeb屋でマーケッターです。
今はSNSとスマートフォン開発に注力しています。
復興の活動についても、得意分野でちゃんと被災地に効果がある形で出来ればと思っています。

現在、私はFacebookを活動の場にしつつあります。
IDは以下。良かったら友達申請よろしくお願いします。

http://www.facebook.com/teshimatakemoto

posted by 手嶋 at 23:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

久しぶりの試合(極真会館・西東京大会)

明日、空手の試合に出る。

私は極真会館というところに所属している。
故・大山倍達総裁が創設して、現在は松井章圭館長のもと、国際空手道連盟極真会館という名称。
でもって、私は川本英児支部長率いる東京城北支部の富士見台道場に所属している。

明日、2年ぶりに試合に出ることにした。こんなやつ。

西東京大会 壮年上級 75kg以下 というカテゴリー。
40-44歳、緑帯・茶帯・黒帯、体重75kg以下のクラスだ。

極真の良いところは、沢山のカテゴリがあるので、おじさんでも、ちゃんと試合が出来るところ。

私は3年前の本大会初級の部で優勝したけど、上級の試合で通じるのか、はなはだ疑問。
ってか、通じないとダメなんだけど。
押忍(←ちょっと使い方違う)

去年の11月終わりくらいから、3ヶ月半ほど、わりと頑張ったよ。
週に平均3回の稽古と、家で自主トレに励んだ。
一般選手の稽古量と比較すると、犬小屋とビルディングくらいの違うはある。
子供が雪で作ったカマクラと、キリマンジャロくらいの違いでもOK。
いずれにしろ、違いがあるわけだが、違いが分からない男であるところの私は、私なりには今までで一番頑張ったかなぁという感じ。

2007年度北米チャンピオンの山下さんにも、何度もマンツーマンで指導してもらった。
私の空手の80%は、山下さん直伝。ほんとに有難い。
今回も色々なアドバイスをいただいた。

試合前日ということで、TwitterやらFacebookやらmixiに散らばった稽古記録や写真をblogでまとめてみることにした。

▼12月23日
上板橋道場。

1.jpg

写真は稽古を終えて、ブレンダン先輩と。
スパーリングでは手加減してくださるけど、前蹴り食らうと、腹に穴が空いた気分になる。この日の組手は別の班だったからセーフ。
無差別の全日本に出てる選手だから、そりゃ痛いわけだけど、痛すぎ。

なお、この日指導してくださったのは、2010年度の全日本ウェイト制チャンピオンの藤田雅也先生。現在はキックボクシングで活躍中。

2.jpg

試合だと、ほんとに鬼みたいで、恐ろしいのだけど、普段は優しくて、ずっとニコニコしてて良い先生です。
組手がキレイ過ぎて惚れたけど、まだ告ってはいません。押忍(←ちょっと使い方違う)


▼12月25日
富士見台道場の稽古おさめ。
集合写真で一人だけ私服の馬鹿がいる。
渋谷から間違って、和光市に行ってしまい、あまつさえ池袋から戻ったはいいが、1つ手前の中村橋で降りてとぼとぼ歩いて道場に行くも、すでに終了。
ほんと馬鹿野郎です。押忍

3.jpg


▼2月11日
試合まであと1ヶ月。
筋トレはそれなりに頑張ってる。
シャドーをしてみても、まぁまぁ動きは早くなってきたなぁという気分。
あくまで気分だけど。

0shin.jpg


▼2月19日
富士見台道場。稽古のあとに、居残りでフィジカル稽古。
熱気で湯気が・・・

yuge.jpg

もうね、なんか苦しいというか、苦しいっていうか、苦しいみたいな。
押・・・忍

そんでもって、稽古中にスパーリングでガチガチやりすぎて、案の定、足は・・・

05.jpg

でも、すぐに治る。
極真始めた頃は、よく怪我をして、しかもなかなか治らずに、アザもずっと残ってた。
骨折もよくしたもんだ。まぁ、アバラの骨折なんて、骨折に入らないけど、ポキポキっとね!
当時は先輩たちみんな「よく普通にやってるなぁ」と思ったもんだが、慣れって恐ろしい。
すっかり怪我も減り、してもすぐに治るようになった。特にアザとかそういうのは。
このアザも3日で消えてしまった。


▼2月24日
江古田道場の稽古。
写真は左から、体重100kg超えの佐藤さん、極真会館2008年度世界大会日本代表にしてキックボクシングのRISEのタイトルマッチを控えた渡辺理想先生、私、同じ試合に出る山森さん。
スパーリング激しかったけど、楽しかった。

00ego.jpg

佐藤さんは柔道とレスリング出身なんで、足払いでよく転がされる。突進力も常軌を逸してる。
理想先生には攻撃が当たらない(笑)全部、スカッスカッと。空振りってすげー疲れるんだけど、良い息上げになった! と無理矢理ポジティブシンキングしてる自分、かなりキモい。
そして、山森さんの圧力はハンパじゃないし、パンチ痛すぎ。泣くかと思った。スパーリング中に泣いたら、除名されるような気がして、泣かないけど。
とまぁ、ボコられすぎて、空手してるのが嫌になりつつ、途中から変な笑いが出てきた日だった。


▼2月27日
富士見台道場の稽古が終わってからシャドーしながら、フォームのチェック。

006.jpg

練習してまっせアピールが、我ながら痛いなと思いながらも、頑張るおじさん。


▼3月2日
試合まであと10日。この日の朝の体重は59.6kg。
木曜日の上板橋稽古。
山下さんにミットを持ってもらう。

7.jpg

終わってから、二人で早稲田のタイ料理に行った。美味かった。
というか、稽古の後はほんとにメシが美味い!
でも、激しすぎる稽古の後は、メシが食えない。強くなりたいか、美味いメシが食いたいか、そのせめぎ合いの中で、空手家たちは日々、稽古に励む(俺だけだから、本気にしないように)。


▼3月10日
試合前日。
とにかく、この1週間は炭水化物を沢山とりながら、息上げを中心に稽古した。
炭水化物って何? ってよく分からないけど、白米とかラーメン食えばOKらしいんで、それは俺、得意^−^ 
体重は59kgからなんとか62kgまで戻るものの、対戦相手はみんな70-75kgあたり。
さてさて、明日の試合はどうなるでしょうか・・・

blogの更新なかったら、負けたと思って、何も聞かないであげて!


posted by 手嶋 at 23:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。