2012年07月16日

山川三多著「ざまぁみろ」(敬文舎)

何度も読み返す本がある。

塩野七生「ローマ人の物語」
北方謙三「三国志」
筒井康隆「敵」

この3つは年に1-2回は読み返している。
まる2日、朝から晩までかけて「三国志」を通読することもあれば、「ローマ人の物語」のハンニバルのところだけを何度も読んだり。

そんな本たちに、もう一つ、加わった。

山川三多著「ざまぁみろ」(敬文舎)
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%96%E3%81%BE%E3%81%81%E3%81%BF%E3%82%8D-%E5%B1%B1%E5%B7%9D-%E4%B8%89%E5%A4%9A/dp/4906822908/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1342420551&sr=8-2

30分もあれば読み終えてしまう分量である。
ただ、この本はおそらく、読み続けると、自分と対話できるはず。
3年おきに読むと、まったく違うことが書いてると思うだろう。

先ほどあげた3つほどではないが、いくつか「読み返す本」というものがある。

私がドラッカー「マネジメント」を最初に読んだのは10年くらい前だと思う。
10年前、線を引き、コメントをつけながら読んでいた。
それを6年前の自分、つまり最初に読んでから4年が経過した自分が、コメントに対して、反論やら突っ込みを入れている。
そして、今の私がその「二人のやりとり」に対して「二人ともおかしい」とダメ出しをしている。

そんな普遍性と深さが、この詩集にはある。

posted by 手嶋 at 15:50| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。