2011年07月21日

7/21の日経の春秋

今日は自分用。

7/21の日経の春秋。前半部だけ転載。

「産んでくれてありがとう。感謝してます」。母の日に、短いメールが母親に届くそうだ。サッカーの沢穂希選手は多弁ではない。菅直人首相への助言を聞かれても、「ないです」とポツリ。他意はなかろうが、世界の覇者の一言は重い。

▼語る人によって、言葉は重くも軽くもなる。いくら語気を強め、修辞句を並べたてても、行動を伴わなければ、心の中に入ってこない。沢選手は北京五輪で「苦しいときは私の背中を見なさい」と、後輩に声をかけた。自分も苦しいけれど頑張っている。そんな先輩なら、多くを語らなくてもついて行きたくなる。


私も母にメールを出したいと思う。
が、携帯買って差し上げたが、メールはマスター出来なかった・・・
ま、いっか。

今日はそこが本題じゃないから。

行動に比べれば、言葉は薄っぺらいもんだと思う。
いや、ちょっと違うな。
もちろん、言葉も大切だ。
言葉に行動がついて来ない時に、薄ら寒い。
この感覚を忘れないようにしないとな、と思う。

あと、この沢選手の写真はカッコいい。

なで.jpg
※写真クリックで拡大

すごくね?

posted by 手嶋 at 11:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。