2014年01月23日

あなたは「みなさんへ」と呼びかけられて振り向きますか?

政治家の街頭演説がなぜ心に響かないか?

響かない=売れない

ということで、再びビジネスに繋げて考えてみる。

友人のコンサルタントからニュースレターが届いた。

私は友人に「ニュースレター届きましたよ。良い内容ですね」とメッセージをした。

友人は「レターは難しいです。対面の方がやりやすいですね」と返事をくれた。

良い内容だと思ったけど、一応、私がいつもクライアントに伝えてることは書いてみた。

---ここから
みんなに向けて書くから難しくなることがあります。
ベストクライアント1人を想定して、その人に向けて書くと内容はガラリと変わりますよ。
---ここまで

ローマ人の物語は塩野さんがたった1人の編集者に向けて書いた大長編である。

政治家の演説の
「えーみなさま、わたくしはーこの度ぃー、挑戦いたしますのはぁー、みなさまのー、声をー、思いをー、区民の目線になって」
みたいなものが多い。
これは、人が人に話す言葉ではない。

得体の知れない「群衆」というものを相手に、よく分からない闘いを挑んでるようにも見える。

大勢に向かって発する言葉ほど、相手が1人だと想定して伝えた方が良い。

色々書いたけど自分もうっかりして、出来てない時が少なくない。
そんなこんなで忘れないように書いてみた。

じゃあ、今回は誰に向かって書いたの?
質問もあるかと思います。

ビジネス仲間で、今度選挙がある人です。

そんな人いるの? 
選挙に出るビジネス仲間なんて居ません 笑

つまり、実在の人物でなくていいのです。
あなたが思い描くベストクライアントでも歴史上の人物でも良いです。

細部まで想像できる、1人ならば。
posted by 手嶋 at 12:30| Comment(0) | 経営・売上拡大・新規顧客獲得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。