2012年01月10日

ガス燈

映画「ガス燈」のDVDを観た。

渋谷の山下書店という本屋さんで380円で売っている。TSUTAYAのレンタルより安いので、ちょこちょこ買っている。

映画の評論家としても名高い私として、あの名作を論評するならば、イングリッドバーグマンほどの美貌の人が、シャルル・ボワイエに2週間で落とされちゃうのは、ダメだYO
評論家として名高いけど、ガス燈観たのが41歳ってすごい話だ。
さらにいえば、去年「ハスラー」初めて観たんだけど、ビリヤードやりたくなった。でも、家が狭いので、買うの無理。
専門はヤクザ映画なんで「さらば愛しのヤクザ」とか「チンピラ」とか「竜二」とか「ミナミの帝王」(そもそも映画じゃねーだろ)あたりが専門だが、たまには洋画もね。
ああ「さらば愛しのヤクザ」の陣内さん、観たい観たい観たい。我慢できなくなってきた。

映画に話を戻す。
近所の老婦人のメイ・ウィッティ、うざいお;_;(顔文字やめるって言ってじゃん! って突っ込みはナシで)

名作には名作の理由がある。
とはいえ、宝石になんの興味もない私からすると、宝石にそこまで固執するグレゴリー・アントン(演じたのはシャルル・ボワイエ)には、共感はもちろん、理解もできない。
宝石なんかよりも、ポーラ・アルキスト(演じたのはイングリッドバーグマン)の方がよっぽど宝石っぽくない?
まぁ、グレゴリー・アントンは王立美術館(?)で、宝石について、熱く静かに語っているので、十分って話もあるけど、私としてはもうひと押し欲しいところだったけど。

監督のソロルド・ディキンソンってどんな人だったんだろう。

たとえば、アルコール中毒患者を治すカウンセラーは、おそらく「アル中の作り方」を知っているはずだ。
人を言葉で殺せる臨床心理士もいるだろう。

この監督、精神科医なんだろうか?

産業医をしていた友人が、精神科医となった。
親しくしてもらっていて、月に一度は食事を共にする。
彼と今度会うときに、質問してみたい。

にしても、1940年代のイギリス紳士の服装って、白黒でよく分からなかったけど、決まってたなぁ。
posted by 手嶋 at 13:35| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

理由なき反抗(1955年米)

理由なき反抗(1955年米)

監督:ニコラス・レイ
原作:ニコラス・レイ
主演:ジェームズ・ディーン(Jim)





アマゾンのレビュー
生涯にたった3本の主演映画しか残さず、24歳の若さで事故死したジェームス・ディーン。彼の死はその存在を傷つきやすい、大人になれない若者の象徴とした。そんな彼の姿をそのまま凝縮したような映画が本作である。
親の世代の考え方を容認できず、反抗を繰り返す若者たち。行き場のないエネルギーは、崖っぷちまで猛スピードで車を走らせるチキンレースにぶつけられる。そこに描かれるもろく傷つきやすい等身大の青春像は、後の『ウエスト・サイド物語』や『イージーライダー』などの映画に脈々と流れ込んでいく。
青春映画というジャンルはこの映画から始まったといえる。また映画の中で着ている赤のスウィングトップにブルージーンズは、永遠に色あせないディーンのスタイルとして残っている。(井上新八)



 1955年の作かぁ。
 青春映画といわれても、あまりピンとこないし。
 自民党が出来た年だ、くらいの感慨しかないのは困ったもんだ。

 
posted by 手嶋 at 03:42| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

ロビンソン・クルーソー(1996年米)

ロビンソン・クルーソー(1996年米)

 ダニエルデフォーの「ロビンソンクルーソー」の映画版。
 ってか、もう300年くらい前なんだね。
 漂流ものが好きだから、借りてみた。
 原作を読んだのが小学生とか中学生だったから、もうよく分からないけど、かなーり違んじゃないの?
 まぁ、面白かった。
 個人的には、食い物の調達に苦労するところが観たかったんだけど、そこは省かれていた。
 奴隷制への軽いデマゴーグとか、モティーフの決闘でストーリーを結構させたり、、友情あるいは異文化との接触といったところに力を入れているわけだけど、そこは「別の映画で観るからいいよ!」みたいな感じもあった。

監督:ロッド・ハーディ、ジョージ・ミラー
原作:ダニエル・デフォー
主演:ピアース・ブロスナン


人気blogランキング ←クリックすると、ちょっとだけラッキーになるよ。
posted by 手嶋 at 16:12| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

ロッキー4(1985年米)

ロッキー4(1985年米)

 サバイバー、ケニーロギンスといった音楽を唐突に聴きたくなり、20年ぶりくらいにロッキー4を観てみる。
 そういえば、上映当時はソビエト連邦が健在で、冷戦時代。米ソ対立をそのまんま映画にトレースしてる。
 久しぶりだったので、学生時代は考えてもみなかった、プロパガンダというキーワードで眺めてみるが、あはは、微笑ましい。
 結局、上映から3年後には冷戦終結、そしてさらに3年後にソ連崩壊。





監督:シルベスター・スタローン
脚本:シルベスター・スタローン
ロッキー・バルボア:シルベスター・スタローン
エイドリアン:タリア・シャイア
ポーリー:バート・ヤング
アポロ・クリード:カール・ウェザース
ルドミラ:ブリジット・ニールセン
ドラゴ:ドルフ・ラングレン


人気blogランキング ←クリックすると、ちょっとだけラッキーになるよ。
posted by 手嶋 at 23:10| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。