2013年08月25日

仕事の意味と、仕事の内容

経営者と社員の意識の違いというのは、良くも悪くもあるわけですが、たとえば。

私は長屋に住んでおりまして、小さい庭で、ナスを育ています。

思えば、去年のアサガオは失敗でした。
時期を間違えて、なかなか咲かない。
食えない。
網を2Fから垂らしたら、調子に乗って上に伸びるわ。
挙句に咲いた花は上の方にちんまりとちょっとだけ。
ぜんぜん楽しくなかったです(貧乏性だから、収穫した種はとってあるけどね)。

ということで、実用に目を向けた私の鋭い考察がたどり着いた結論はナス。

茄子ちゃん。
全てを見通す目として恐れられた私の慧眼はアサガオに見切りをつけて、まさにナスであったのですが、土をメンテナンスしてなかったので、育ちは悪い、なんか小ぶりな、苦いだけの変なナスしかなりません。

しょぼんとしましたけど、せっかくだからblogのネタにします。

さて、このナスが美味しいとして仮定しましょう。

私は経営者として、このナスを売る方法を考えて欲しい、と社員に伝えます。
別にナスビジネスしてませんけど、仮の話でね。

その前に、うちって、どんな会社がいいかな。
なんでもいいんですが、例えば。
法人の取引先が多い物流なんかを主たる業務にしてる会社ってことにしましょうかね。

社員は一生懸命、このナスの美味しいレシピを徹夜で研究します。
ブラック企業ではありますが、その情熱たるや素晴らしい。

私はナスプロジェクトは社員に任せているので、ネコのオモチャを輸入するプロジェクトに安心して取り掛かっています(いや、やってませんよ、そんなビジネス。例えばって話です)。

ある日、経営者の私は思い出します。
「あー、あのナス、どうなったのだろう?」と。
社員にヒヤリングします。

手嶋「ねーねー、あのナス、どう?」
社員「凄いっす。あとちょっとで形になります」
手嶋「いいねー、楽しみだなぁ。」

そして1か月後。

社員「手嶋さん、ついに目途がつきました」
手嶋「おー、どこに卸すん?」
社員「え?」
手嶋「えって何? え?」
社員「試行錯誤の上【鬼バターぷるぷるナス】」が出来上がったんで、試食してほしいんですが。自分、この1ヶ月ナス食い過ぎて、ナス見るのも嫌ですけど、これはいくらでも食えちゃいます^^」
手嶋「は?」
社員「まじ、ヤバイくらい旨いっすよ」
手嶋「ちょっと待ってYO。ナスのビジネスって言ったけど、料理してたの?」
社員「ナスって言ったら、料理するもんじゃないですか?」
手嶋「えええええええええええええええええ、何それ。うわー、さらにドヤ顔がキモイんだけど」
社員「あれー? 嫉妬ですか? まだ食べてもないうちから、負けましたか? pgr」
手嶋「勝負ちげーし! ってか、ぜんぜん求めてネーヨ。試食しろって、もうその一言で俺の心、マックス傷ついたよ」
社員「はぁ?」
手嶋「あのね、うちが料理作ってどうすんの? 考えてよ、その馬鹿バターポンポンだっけ?」
社員「鬼バターぷるぷるです(憮然)」
手嶋「なんだっていいんだYO もし、それが旨かったとしても、うちにゃあ店舗なんかないだろ! カケラもねーよ! どこでその料理出すんだよ! 」
社員「プロジェクトX観せて、見習えとか言ってたじゃないですか! あれ、嘘だったんですか?!」
手嶋「馬鹿か! 東京タワーの建設と一緒にすんな! ゼロから作り上げて手探りな俺イケてるとか、まじで引くわ。だからお前モテねーんだよ。うちにナスチェーン店展開しろってか? あるか、そんな店! ないない。要らない。絶対要らない。すぐ潰れる。うちの会社潰す気か!? 俺、もう43なんだよ。エネルギーねーんだよ! 言わせんなよ、恥ずかしい。うちの取引先には商社も多いし、話持っていけば卸先だって紹介してくれるじゃん! なに必要ない極上レシピ作っちゃってんの。キモ。俺がやって欲しかったのは、飲食店にうちのナス卸してくれる代理店なり食材会社とつなげて欲しかったんだよ」

極端な話ですが、こういうのってあるんですよ。

報連相って話だと言われるとも思いますが、根本的なところで、この場合は手嶋がダメなわけです。

まぁあれです。仕事の意味と、仕事の内容ってまったく違うという話。

追伸 関係ないけど、ひでータグだな。
ラベル:仕事 ナス 茄子 なす
posted by 手嶋 at 12:48| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月19日

リノベーション

リフォームという言葉が使われるようになって、まだ20年ほどらしい。

へー、と思った。

では、その前は?

改修工事、修繕工事みたいな言葉だったとのこと。なるほど、これは今でも使う。

ただ、リフォームは和製英語である。本来の意味は「作り直す」「改正する」を意味する英語。
住宅などを変える意味ではない。
正しい英語は「リノベーション(renovation)」で、最近はこの言葉もチラホラ目にする。

あるいは10年後、こっちの方が主流なのかもしれない。

前置きが長くなったけど、最近、面白いビジネスモデルを見つけた。

アパート経営をしている大家さん向けのサービスなんだけど、空室率を下げる、あるいは空室期間を短縮するために、入居者が喜ぶような改修工事、つまりリノベーションをする。
ここまでは別に当たり前なんだけど、その費用が無料。
そう、驚くべきことにリフォーム費用が無料というもの。

詳しくはリノベーションスタイルのサイトに。

無料でリノベーションをやってくれる対価は? については、直接問い合わせてみてください。^^

posted by 手嶋 at 11:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

マンガ名刺

久しぶりの更新です。

ここ1年、株式会社キマリコンサルティング運営で「山ノ手マンガ」というブランドを作り、宣伝マンガ、マンガマーケティング、マンガプロモーションというものに取り組んできました。

Webマンガ、チラシ、小冊子と様々な形のものを制作させていただきましたが、中でも需要が多かったのは、マンガ名刺です。

中には、5人に配ったら、その場で2人から契約、という事例もありました。

http://mangameishi.com/sub_takagi/index.html ←マンガ名刺サービス

山ノ手マンガ
http://ytmanga.com/

説明がしづらい商品・サービスなど、マンガ化して訴求してみませんか?
posted by 手嶋 at 21:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

1月1日

「えー、twitterで『俺は日本をよくする』というとパクられちゃうの?
なんでなんでー?」

「うっせぇ、そういう法律なんだよ(゚Д゚)ゴルァ!」

という不毛な議論も終わりそうである。
ネットで選挙運動してもOKとする動きがやっと始まった。
自民党は今月、公職選挙法改正案を通常国会に提出する。

今の選挙法の原型は80年以上も前に作られたルールである。
当時はSNSはおろか、メールさえない。
さらに言えば、まだ印刷さえも発明されてない(さすがにそれは嘘)。

実態と乖離しすぎていたから、ようやく、という感じである。

さて、話は変わって自分の話。
今年(去年?)の私は、個人は喪中ハガキを出し、会社としては通常通り、年賀状を出した。

そして、SNSである。
Facebookとかそういうの。

喪中の場合のSNSの挨拶はどうするか?

ググってみても、テンプレートは出てこない。
ぼんやりと決まっているような方向性は、こんな感じの挨拶。

---
喪中のため、新年の挨拶は差し控えさせていただきますが、今年もよろしくお願いします。
---

前例を踏襲しつつ、SNSに無理矢理合わせようとしてるのは分かるんだけど、これは違うと思うが、いかが?

というのも、ハガキって返事はあまり書かないだろうし、書いたとしても、かなりのタイムラグがある。
急いで返事をしても3日ほど。
差出人からみれば、戻りは1週間先だ。
場合によっては、半年、1年先になる。
つまり「会話」は成立しない。

一方、SNSの場合は、リアルタイムであり、日常の「おしゃべり」の延長である。

そこで「喪中」をぶり返すのって、どうなの?

そもそも、葬儀関係のしきたりは、現代社会ではかなり無理がある。
四十九日にしても、友人の僧侶があれこれ教えてくれるので、にわかになってきたが、そもそもが「亡くなってから四十九日、毎日家に引きこもって、線香をたき続ける」という習慣らしい。
この場合、その家の身の回りの世話や、仕事(畑になるのかな?)は村の近所の家がヘルプをする。
村八分の家であっても、この時ばかりは例外となる。

仕事があまり細分化されていない時代であれば、隣の家の仕事を肩代わりできるかもしれない。
しかし、今の日本でマンションの隣の住人の仕事が出来るか? と言われれば、まずもってノウハウがないだろう。
そもそも喋ったことがない家も多いだろう(うちは長屋なんだけど、入った時は両隣が空いていた。でもって、今は埋まっている。2軒ともちゃんとした人で、お土産持って挨拶きてくれたので、知り合いになった。でも、どんな人かぜんぜん分からない)。

ここはひとつ「俺がSNS時代の新喪中ルールを作るわ!」と宣言しようかと思ったが、もう俺も若くない(年齢関係あるのか?)

ってことで、元旦の今日。
なんとなく控えた雰囲気を醸し出しつつ、今年もよろしくお願いします!
posted by 手嶋 at 14:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

近況

木曜日、金曜日と空手の稽古でクタクタになり、いまだにあちこち筋肉痛。

hase.jpg

木曜日に稽古を終えて、長谷川豪先輩とミーティング。

ego121105.jpg

金曜日の江古田道場。キックボクシングのRISEで活躍中の渡辺理想先生(blogはこちら)。なぜか俺だけ道着。


土曜日は仕事で神楽坂に行っていて、日曜日も朝からあれやこれや仕事関係の連絡をとり、ぜんぜん休めない週末であった。
4年間続けて観戦に行っていた、極真空手の全日本選手権にも行けなかった。

とはいえ、結果はtwitterやfacebookでリアルタイムで追っていた。

高橋佑汰先生(ツイッターはこちら)があのレチクルバノフ選手に本戦で勝利!
ちなみに、高橋選手の師匠は上の写真の理想先生。
ベスト16に駒を進めるも、森善十朗選手(ツイッターはこちら)に延長まで争っての敗退。
見事、敢闘賞に!

森選手といえば、中量級の世界ウエイト制チャンピオンであり、キャリアも凄い。
私の記憶ではここ2-3年、日本人選手には負けていないのではなかろうか。
間違いなく国内トップ3に入る選手であろう。

一方の高橋選手は、一昨年、特別推薦枠で高校生なのに全日本ウエイト制に初出場していきなり優勝。
今もまだ19か20歳で、とてつもなく強いのに、まだまだ伸び代がある。
末恐ろしく、そして楽しみ。
3年後の世界大会までまだまだ時間はある。


日曜日の夜は自動車レースのF1を観た。
今年から地上波では放送しなくなり、しょうがないのでケーブルテレビと契約をした。
リアルタイムで放送されるから、かえって有難い。

アブダビGPに到着したF1サーカス。
この時点で3戦を残し、チャンピオン争いに残っていたのは、ベッテル、アロンソ、ライコネンの3人。
3人ともワールドチャンピオン経験者だ。

結果から言えば、ライコネンの今季初勝利、アロンソが2位、ベッテル3位とチャンピオン争いの3人が表彰台に登った。
ベッテルは追い上げが得意というイメージはなかったが、今回は最後尾からの追い上げが凄かった。
バトンとのバトルは見ごたえがあった。

そして、私が応援している可夢偉。グロージャンやペレスの接触のごっちゃんはあったとしても6位8ポイント。
コンストラクターズ争いをしている5位メルセデスまで、あと12ポイントと迫った。

なんとか可夢偉に日本企業のスポンサーがついてくれて、来季もザウバーで走ってくれるといいなと思う。
posted by 手嶋 at 03:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

えびすま

宣伝です。
スマートフォンのアプリケーション開発の「えびすま」をやっています。

iPhoneやらAndroidの開発について、詳しくはこちら。

えびすま
http://ebisuma.biz/



posted by 手嶋 at 18:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

山川三多著「ざまぁみろ」(敬文舎)

何度も読み返す本がある。

塩野七生「ローマ人の物語」
北方謙三「三国志」
筒井康隆「敵」

この3つは年に1-2回は読み返している。
まる2日、朝から晩までかけて「三国志」を通読することもあれば、「ローマ人の物語」のハンニバルのところだけを何度も読んだり。

そんな本たちに、もう一つ、加わった。

山川三多著「ざまぁみろ」(敬文舎)
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%96%E3%81%BE%E3%81%81%E3%81%BF%E3%82%8D-%E5%B1%B1%E5%B7%9D-%E4%B8%89%E5%A4%9A/dp/4906822908/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1342420551&sr=8-2

30分もあれば読み終えてしまう分量である。
ただ、この本はおそらく、読み続けると、自分と対話できるはず。
3年おきに読むと、まったく違うことが書いてると思うだろう。

先ほどあげた3つほどではないが、いくつか「読み返す本」というものがある。

私がドラッカー「マネジメント」を最初に読んだのは10年くらい前だと思う。
10年前、線を引き、コメントをつけながら読んでいた。
それを6年前の自分、つまり最初に読んでから4年が経過した自分が、コメントに対して、反論やら突っ込みを入れている。
そして、今の私がその「二人のやりとり」に対して「二人ともおかしい」とダメ出しをしている。

そんな普遍性と深さが、この詩集にはある。

posted by 手嶋 at 15:50| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。