2011年07月21日

7/21の日経の春秋

今日は自分用。

7/21の日経の春秋。前半部だけ転載。

「産んでくれてありがとう。感謝してます」。母の日に、短いメールが母親に届くそうだ。サッカーの沢穂希選手は多弁ではない。菅直人首相への助言を聞かれても、「ないです」とポツリ。他意はなかろうが、世界の覇者の一言は重い。

▼語る人によって、言葉は重くも軽くもなる。いくら語気を強め、修辞句を並べたてても、行動を伴わなければ、心の中に入ってこない。沢選手は北京五輪で「苦しいときは私の背中を見なさい」と、後輩に声をかけた。自分も苦しいけれど頑張っている。そんな先輩なら、多くを語らなくてもついて行きたくなる。


私も母にメールを出したいと思う。
が、携帯買って差し上げたが、メールはマスター出来なかった・・・
ま、いっか。

今日はそこが本題じゃないから。

行動に比べれば、言葉は薄っぺらいもんだと思う。
いや、ちょっと違うな。
もちろん、言葉も大切だ。
言葉に行動がついて来ない時に、薄ら寒い。
この感覚を忘れないようにしないとな、と思う。

あと、この沢選手の写真はカッコいい。

なで.jpg
※写真クリックで拡大

すごくね?

posted by 手嶋 at 11:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

東直子著「私のミトンさん」(毎日新聞社)

木村拓哉さん(私が芸能人をあまり知らないだけで、ハリウッドスターでもロックスターでも交換可能)について語るとしよう。
彼は顔がキレイである。
こう指摘することに意味があるんだろうか?

カッコいいよね、と言って、なにか了解できるんだろうか。

もちろん、20歳の女の子が「キムタクってもう40なんでしょ? 信じられない、すごくカッコいいよね」と言うのはOKである。

その上で、私はこう思う。
整った顔をしている彼を、イケメンという言葉でわざわざ定義するのは、気持ち悪い。
そして、木村さんの特技は他にもたくさんあるのだと思う。

と、このように問題提議をしておきながら、私は木村拓哉さんの魅力は、顔が美しいことだと思っている。

言いたいこと分かる?

まぁ「1回転」ってことだ! キムタク=格好良い、って1回転して、意味変わってる気がするんだよね。

前フリが長くなったが、さきほど、東直子さんの「私のミトンさん」を読んで、何か書きたくなったわけだが「不思議」という言葉だけは絶対に使うまい、と決めた。

キムタクにイケメンと言うくらいにそれは陳腐なことであるから。

それと同時に「それでも、イケメンって言いたいじゃん」なのである。

「私のミトンさん」の不思議さについても「1回転」してるわけで、触れても恥ずかしいし、触れないと馬鹿っぽい。
どうしていいか分からない、持て余す感覚だ。

私は小説に、簡単に「不思議」を持ち出すべきではないと思う。
そこに必然性があって、この世あらざるものを支えるための背景、土台をそうとう強くしない限り、許されないと思う。

ただし、不思議なものを不思議以上の特徴をもって書けて、なおかつ圧倒的なセンスがある場合、この限りではない。

ミトンさんは不思議である。
そして、それ以上にチャーミングであり、何よりセンスがある。

この小説をどうやって楽しむかは人によって違うだろう。

私は「人との関係と、感情がズレていく」感覚が目新しかった。

ミキヒコ叔父さんは変わった親戚との関係性であるが、どこか恋愛のにおいを嗅ぎ取る。
庄司君は恋人であるけれど、弟のようである。
みほさんは友達のようでありながら、否定的な自分の影のようにも見える。

ミトンさんが触媒として、とても特異なせいか、本来の関係から、微妙にズレていくことに、私は「見たままの人間関係を疑え」というメッセージを勝手に発見して面白がっていた。

最後になったが、登場人物のセリフも見所。

posted by 手嶋 at 02:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

矢沢永吉「止まらないHa〜Ha」

俺は昨日、極真の稽古に行った。
そこで思ったんだ。

虎はなんで強いか?
そんなことを虎は考えたことはないのだ。

え? 言いたいこと?

それはちょっと待ってくれ。
その前に、今日は全裸の話をしたい。

この時点で勃起してる人、さようなら。

全裸。
宴会での全裸芸で難しいところは、脱ぐところではなく、脱いだ後らしい。
さらに言えば、会場を去る、あるいは、服を着るところという話をきいたことがある。

分かる。

おそらく、衆人環視のもと服を脱ぐのは、突き抜けた非日常である。
これは盛り上がる。

問題は脱いだ後だ。

着る時に、日常が忍び寄るのだ。
それでも、その日常は、非日常の延長であり、余韻もあるだろう。
辛くも宴会を成立させる僅かな膂力は残っているはずだ。
しかし、この時に芸を終えた彼が「照れた」としたら、一気に、我々は日常に引き戻される。

慣れないくせに難しい言葉を使ったせいで、文章が変になった。

えっと、つまりさ。
脱いで盛り上がったくせに、芸終わってから服着る時にさ、そいつが照れていたら、寒いよねー、という話。

なんで、こんな話をしたかといえば、さきほど、YouTubuで、あれを観たのだ。

あれよあれ。

矢沢永吉 「止まらないHa〜Ha」
http://www.youtube.com/watch?v=5c2SbJHAzH4&NR=1

もうね、カッコいいんですよ。

何がって?

黒い髪した、アジア顔した人が「カモーン」だの「ロッケンロール」ってシャウトして、これだけ決まっちゃう人って、いるのかな?

俺はずっと、矢沢永吉のカッコ良さについて、意味が分からなかった。
いあ、別に意味はいいんだけど、了解できなかった。

なぜ、俺は「ビートの虜ぉおお」とか言われて、受け入れるのか?

永ちゃんは、絶対に照れないからだ。
微塵も疑わないからだ。

虎はなんで強いか? そんなことを虎は考えたことはないのだ。当たり前だから。

永ちゃんはなんでカッコイイのか? なんでじゃなくて、カッコイイものなのだ。当たり前のことなのだ。
posted by 手嶋 at 21:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

海外のIPO市場の動向

本日はお知らせ。
私がお世話になっているIPO総研の加久田社長が、海外市場での資金調達、IPOについて、セミナーをします。

加久田さんは公認会計士であり、プライスウォーターハウスクーパースの元パートナー。
同社在籍時に野村證券株式会社営業企画部マルスームへ派遣され、主に株式公開、事業継承等のアドバイス業務に従事しました。
2000年アイピーオー総合研究所株式会社設立して、10年以上。多くの会社のIPOをヘルプ・サポートしてきました。

そんなIPO総研さんが、カルチュレード株式会社さんと共催で、東京有楽町にてセミナーを開催します。

http://www.ipo-ri.co.jp/seminar/110531.html

日本の市場では新規公開があまり活発ではありませんが、海外はエネルギッシュです。
posted by 手嶋 at 19:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

俺はいつか佐野と飯を食う。佐野といっても元春じゃないよ。

佐野眞一「小泉純一郎 ― 血脈の王朝」を読んだ。

相変わらず、読ませる。

小泉政治を把握するルポルタージュとして、小泉純一郎を囲むキーマン三人によって輪郭を作る構成はにくい。
にくいにくいにくいよー(ぷんぷくりーんと、キチガイじみた怒り方で男を虜にする女の、手嶋blogバージョン。意味わかんない人はスルーして)。

まあ、それはいいんだけど、私が改めて驚いたのは、佐野眞一の読ませる技術と取材に向かう姿勢だ。

一国の総理、しかも長期政権を築いた男という強烈な題材よりも、佐野眞一の筆力が輝くってのも、すげー話、なのか、俺がそもそも小泉元総理に興味がなかったのか少し錯乱した午後だった。

本コロ、カリスマ、東電、むかーし佐野眞一にハマった時期があったが、あれから10年くらい読んでない気がする。

久しぶりにまとめて読みたくなった。

で全部読んで、まだテンションが下がらなかったら、本人をランチに誘ってみよう。
佐野眞一とランチ、果たして実現するんでしょうか?
posted by 手嶋 at 20:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

都知事選の予想


明日は都知事選である。

今回、誰に入れていいか分からない。

ということで、自分なりに意義を持って参加するために、勝手に投票数を予想してみた。

この予想が当たっても、東京都も俺も、何も変わらない。
それが切ないがな!

選挙になると、私はいつも、支持してる人に入れるというよりも、自分の1票が生きるように入れる。

たとえば、衆院選で東京○区から3人当選するならば、3位と4位と予想される2人を比べて、良い方に入れる、というもの。
1回、40票差とかで勝ったことがあって、これはこれで嬉しかったわけだ。

まぁ事前予想については、ちょっと「美人投票の論理」みたいなことになって、たまに失敗するけどね。

でもって、今回も都知事選である。

その前に、4/8の東京新聞の記事を引用する。

---
投票する人を「まだ決めていない」が四分の一近くあり、情勢は変わる可能性がある。

自民、公明の両党から実質的に支援を受けている石原氏は、調査では自民支持層の七割以上、公明支持層の六割以上から支持を集めている。さらに民主支持層で三割近く、「支持政党はない」という無党派層でも四割に浸透している。

東国原氏は民主支持層、無党派層とも二割から支持を受けている。渡辺氏は民主支持層、みんなの党支持層のそれぞれ四分の一をまとめたが、無党派層では二割に届いていない。小池氏は共産支持層の五割以上から支持を得たが、そのほかではあまり浸透していない。

---

無党派とか民主支持層とか、全体の数が分からない上に、その二割に達すると言われても、ぜんぜん分かんにゃい。

分かんにゃい。

無理にでも矢理にでも数字にしたい、超理論家のアル中であるところの私は、ここで頑張る。
だって暇だからー。

支持層ってのもよくわからないのだけど、こんな感じでいいのかな?

2005年の44回の衆院の比例の数はこう。

自民 2588万票
民主 2103
公明 898
共産 491
社民 371


2009年の45回はこう。あまり思い出したくない選挙だけど。

民主 2984
自民 1881
公明 805
共産 494
みん 300
社民 300

比例は全国平均と考えると、東京都だと随分雰囲気が違ってそうだ。
ってか、違ってないとおかしい。
無理矢理、こうやってみようかな?

無党派 34%
自民 26%
民主 19%
公明 6%
共産 3%
みん 2%
社民 2%

あってんのかな?
違ってたら、指摘してまんじゅう。

投票率がどうなるか分からないけど、無党派だけ、半分って計算しようかな?

すると、以下のようになる。


自民 26%
民主 19%
無党派 17%
公明 6%
共産 3%
みん 2%
社民 2%


石原氏が自民支持層の七割以上、公明支持層の六割以上から支持を集めている。さらに民主支持層で三割近く、「支持政党はない」という無党派層でも四割。
これを足すと34.3ポイント。

東国原氏は民主支持層、無党派層とも二割から支持を受けている。これだと7.2ポイント

渡辺氏は民主支持層、みんなの党支持層のそれぞれ四分の一をまとめたが、無党派層では二割に届いていない。8.7ポイント

小池氏は共産支持層の五割以上から支持を得たが、そのほかではあまり浸透していない。ということで、1.5ポイント。

並べると

石原 34.3
渡辺 8.7
東国原 7.2
小池 1.5

うわー、石原氏圧勝か・・・
ほとんど天罰の領域じゃないかと・・・

ということで、ベースの数字もできたし、他の新聞記事なんかも参考にしつつ、勝手に自分で、予想をしておく。

当たってたら、なんかちょーだい。

●2011年度都知事選、手嶋の予想
石原 250万票
東国原 100万票
渡辺 80万票
小池 30万票

ちなみに、日本共産党が党名変更したら、1.5倍くらいの票が伸びると思うんだが、それでも届かないか・・・

さて、私は誰に入れるでしょうか?

政治と野球と宗教の話は苦手なので、聞かれたら「蓮舫はエリが立ち過ぎて怖えぇから、最近、ちょっとカワイイ、枝野に入れました」とか答えることにします。
posted by 手嶋 at 23:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

東日本大地震後、2日目の社説を比較

東日本大地震(東北地方太平洋沖地震)。
テレビを見ていると、憂鬱になる。

町が津波に流されていく。
映像はショッキングではあるけど、映画のようで現実感に乏しい。
私の想像力が足りないのである。
それが、一転して、小さい女の子が、母親の安否を心配して泣き叫んでる画面になったとき、正視するのがキツかった。

放送されるのはもちろん、被災地の一部である。
実際は、千人、一万人という方々が、今、この時も酷い状況にある。

被災者の方々には、謹んでお見舞い申し上げます。

自分が天災について考えるためにも、昨日に引き続き、全国五紙の社説を比較する。

五紙ともに原発事故の対応・制御をメインとしている。
政府と東電に対して、迅速かつ正確な情報開示、とするところも一致。

昨日と同じように、五紙ともほとんど同じことを書いている。
当然だろう。

政府の報告については、特に読売と産経が「遅い」と指摘。

補正予算については、読売が強調。

日経が「国内の主要港湾には廃棄物などを回収する海洋環境船が配備されている。こうした船を被災地に迅速に送り、供給路を確保する手もある。」という具体的なアイデアを出していた。
日経はいつも具体的で、数値化されている。

また、昨日はなかった要素として、諸外国の動きが挙げられる。
ニュージーランドやヨーロッパ各国、韓国など50カ国以上から支援や物資の提供の申し出が相次いでいることから、国内の災害という話から、外交も含めた話になってきた。
朝日は感謝、日経と読売は原発の仕組みづくりや国会提言の方がプライオリティが高いようで、海外からの支援についてはスルー。
毎日は「世界の善意をどう生かすか。その点にも留意してほしい。」と、相変わらずピントがズレている上に、どこか他人任せである。
そんな中、産経の意見に注目した。

「白眼視していた自衛隊の強化にこそ、菅政権は取り組むべきである!」

からはじまる。
救助=自衛隊、という前提から疑って議論するつもりはないようだ。
その証拠に、自衛隊と米軍が国内災害で本格的な共同活動を行う初の事例という事実を前に、原発の話はどっかに行ってしまって「緊密な協力を同盟強化につなげたい」とまとめた。

海外からの支援については、本当に有難い。
今まで日本がやってきたことが認められたようで、嬉しい。
ただ、それをもって「同盟強化につなげたい」というのは、うまく言えないが、ズレてると感じた。


▼朝日「これから長い非常時が続く」▼読売「補正予算の具体案を早急に」▼日経「どうすれば被災者に役立つ行動が取れるのか」▼産経「白眼視していた自衛隊の強化にこそ、菅政権は取り組むべきである」▼毎日「国民全体が力を合わせてこの災害を乗り越えたい」


地震の翌日の社説比較はこちら
http://teshima.seesaa.net/article/190285622.html

posted by 手嶋 at 21:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする