2011年03月12日

東北地方太平洋沖地震に関する社説の比較

2011年3月11日の14:46に起きた、東北地方太平洋沖地震を受けて、12日の朝刊で書かれた社説を比較した。

朝日、読売、日経、産経、毎日の全国五紙。

さすがに、首相辞任やら、新年の提言とは異なり、それほど論調に違いはない。
まさかと思ったが、そこはさすがに大丈夫だった。

ということで、今回私は、各紙について「バランス」と「具体性」というテーマで比較してみた。

どこもおかしいことは言っていないし、当たり前のことを当たり前に書いてるわけで、それほどの違いがあるわけではない。これをベースにした上で読んでほしい。

個人的な感想ではあるが、日経はさすがの一言。
最も腑に落ちる。経営者という職業柄もあるから、ここは贔屓目。

朝日はこういう時、さすがに全方位のバランスをみせる。
正論を語らせたら、最強の新聞だろう。あえて指摘するとしたら、情緒的にはじまる冒頭には、違和感。大事件だからって、天声人語を混ぜないでほしい。

読売は可もなく不可もなく。社説というよりも、記事の延長っぽい話が多かったのが残念。

産経は五紙の中で最も強く、与野党協力について言及していた。いや、それはそうだけど、言わなくてもちゃんとするでしょう? とは思う反面、釘刺しておかないといけないという気持ちもわかる。

毎日、大丈夫か? ま、今は毎日新聞の心配してる場合じゃないが。


以下、見出し、政府に対して、収束後の課題など、テーマ別に各紙の主張をまとめてみた。


▼見出し
どこも「救援・支援に全力を」であり、産経だけは「与野党は政治休戦の時だ」と国会にも触れた。

▼政府に対して
どこも最大級の危機とした上で、朝日は正確で冷静な情報発信をとして、情報の重要性を強調。
日経は経済紙らしく金融市場に無用の不安が広がらないようにと。
産経は、自衛隊の活用において最高指揮官の首相の指導力の重要性に触れた。
毎日はインフラ復旧を強調。そっちいくか・・・

▼原発
どこも点検、確認の重要性を強調。
朝日だけが発電所は停電に加えて非常用発電機も動かずを「あってはならない」と警告した。
毎日は文字数が多いわりに何も言っていない。困ったもんだ。

▼国会
どこも政治休戦をして与野党一致して協力していくことを当然と書いている。
朝日、読売、産経の三紙は、補正予算と具体的に言及。

▼二次災害の防止や具体的な救援
朝日が医療チームをヘリで運べないか? とアイディアを出した。
日経は、がれきなどに挟まれた場合、72時間が生死を分けるとされると具体的に時間についても書き、半壊した建物や危険物を扱う施設に近づかないよう、呼び掛けを強めとあった。
産経は余震の可能性がある1ヶ月は注意をするよう呼びかけた。
毎日はまったく触れず。毎日にとっては、あまり重要ではないのかもしれない。

▼地震が収束してからの課題
朝日は地域単位での助け合いから、建物や土木構造物の耐震化を図り、避難の態勢を整える必要性を説いた。
読売は触れていない。まだ早いって判断かな?
日経は相変わらず具体的で、耐震基準が改定された1981年より前に建てた建物は、住宅で約1千万戸、病院や学校などの建物で8万棟あり、耐震性が不十分だ。病院などは防災の拠点となるだけに、耐震化を優先的に進めるべきだ、とのこと。地域全体で支える「共助」の仕組みづくりにも朝日よりも詳しく触れている。企業の事業継続計画を提案するなど、ここは流石だけど、飛ばしすぎ。
産経は耐震性にだけ触れている。
毎日は当たり前のことに字数を使っているだけに見えた。これに文数使うなら、二次災害の防止を書いて欲しかった。
posted by 手嶋 at 21:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

武力まがいのオレンジが終わった

私が、ここ半年の間、ほぼ毎日、欠かさずに読んでいたblog。

AlexGirlさんによる、日本で最も冷酷に格闘を評するサイト「武力まがいのオレンジ」。

これが、諸般の事情により、本日で終了となってしまった。

面白かった、刺激を受けた。痛快だった。考えさせられた。

AlexGirlさんは、今までアマチュアとしてblogを書かれていたが、今後はプロのライターに転向されるとのこと。

また、あのキュートで、身勝手で、思いやりのある、スピード感あふれる文章が読めることを祈りつつ。


▼武力まがいのオレンジ
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/buryokumagai/

▼AlexGirlさん、オフィシャルサイト
http://alexgirl.blog10.fc2.com/

posted by 手嶋 at 20:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

オキーフの新サービス

オキーフで新サービスを開始しました。
ギフトのWebマガジン兼オンラインショッピングサイトです。

以下、報道関係者に送付したプレスリリース。




プレスリリース                            2011年1月4日
                                  株式会社オキーフ
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

       「ほんとうに心のこもったプレゼントってなんだろう?」
        
          ギフトについてまじめに考えるウェブマガジン
                onnea (オンネア)
              プレオープンのお知らせ

               http://onnea-gift.jp/

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

株式会社オキーフ(東京都渋谷区 / 代表:手嶋 建元・矢部 理子)は、ギフトについて
まじめに考えるウェブマガジン「Onnea(オンネア)」をプレオープンしました。


★ Onnea(オンネア)とは?
───────────────────────────────────────

だれしも一度は、プレゼントについて頭を悩ませたことがあると思います。
大切な人へのここ一番のプレゼント、友人へのちょっとしたプレゼント、いただき物の
お返し、ビジネス上のおくりもの。
その目的はさまざまですが、せっかくプレゼントをするのだから、できれば喜んでもら
いたい。
喜んでもらえなかったとしても、せめて、邪魔にされたり、センスがわるいと思われたり、
すぐに捨てられたり、マナー違反で不愉快な思いをさせたりしたくない。

Onnea(オンネア)は、ギフト選びの名人になるために、ギフトについてまじめに考える
ウェブマガジンです。
ギフトを取り扱うウェブサイトは数あれど、ギフトとは何かを真面目に考えぬくサイトは
他にないはずです。

Onnea は、相手の喜びを自分の喜びとする人のためのウェブマガジンです。
「とりあえず必要だから、てっとりばやく、できるだけ安く、適当なものを贈っておけ
ばいいや」という人にとっては、みる価値のまったくない内容です。
逆に、相手が喜んでくれるなら、それが物を贈るギフトという形でなくても、良い
のかもしれません。

だれかを喜ばせたい。そう思う人が、ギフトについて悩んだときに、ふと思い出して訪れ
てもらえるようなウェブサイトをめざして、2011年1月、本格スタートいたします。


★ 2011年1月よりギフトの通信販売を開始
───────────────────────────────────────
プレオープン中のOnnea(オンネア)は2011年1月からギフトの通信販売をおこないます。
ただ、ギフトのウェブマガジンは、商品を販売することが目的ではありません。

Onnea が紹介した商品が近くのお店で売っているなら、ご自分の目で確かめて買った方が
よいでしょうし、別のギフトショップでもっと安く売ってるなら、そちらで買ってもよい
かもしれません。

ただ、ギフトを考えるにあたって、商品の紹介は欠かせませんし、ラッピングも重要です。
Onnea が提案するギフトのかたちに実用性がともわなければ、ギフトについて真面目に
取り組むことにならないと考えたため、通信販売でギフトが贈れるようにしました。

Onnea で紹介する商品は、たんなる「例」や「アイデア」でしかありません。
Onnea を利用して、ひとりでも多くの人が良いプレゼントができるようになれば本望です。


──────────────────────────────────
<<< プレスリリース問い合わせ先 >>>

株式会社オキーフ
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿 3-38-22 EBISU FOLIO Act.3 C
Tel:03-3280-4966 Fax:03-3280-4968
お問い合わせ:http://www.okeeffe.jp/contact/
──────────────────────────────────
※ 本広報資料は、ご自由にご転送・ご引用ください。
posted by 手嶋 at 09:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

【F1鈴鹿を終えて】昔のポイントシステムで再計算してみる

鈴鹿、可夢偉の走りが凄かった。

私の日本人ドライバーで印象に残っているベスト5は

89年、中嶋が最終戦のアデレードであのロータスで雨の中ファステストラップ
90年、亜久里の鈴鹿3位表彰台
94年、右京がドイツとハンガリーで予選5位
04年、佐藤琢磨がヨーロッパGPで日本人初のフロントロー

そして
10年の可夢偉の鈴鹿ごぼう抜き

番外で、SuperAGURI時代、カナダ(多分)で佐藤琢磨がアロンソをパスして6位入賞した時。

ありえないこともない夢想、という前提で書けば
可夢偉には、来年ルノーで走って欲しい。

とはいえ、ザウバーに決まっているので、ザウバーの戦闘力アップをわずかに期待しつつ、再来年、勝てるマシンに乗っるステップアップにしてほしい。
ライコネンはザウバーからマクラーレン。
アロンソもザウバーからルノーだし。

さてさて、今年から、ポイントシステムが変わりすぎてしまったので、いまいち、ピンとこないので、個人的に昔のポイントシステムで再計算してみた。

8位までがポイントの時代と

6位までしかポイントがない時代

この2つで。

今年のルールでの鈴鹿までのドライバーズランキングは以下のとおり。

ウェバー(レッドブル) 220
アロンソ(フェラーリ) 206
ベッテル(レッドブル) 206
ハミルトン(マクラーレン) 192
バトン(マクラーレン) 189
マッサ(フェラーリ) 128
ロズベルグ(メルセデスGP) 122
クビサ(ルノー) 114
シューマッハー(メルセデスGP) 54
スーティル(フォースインディア) 47
バリチェロ(ウイリアムズ) 41
小林(ザウバー) 27
ペトロフ(ルノー) 19
ヒュルケンベルグ(ウィリアムズ) 17
リウッツィ(フォースインディア) 13
ブエミ(トロロッソ) 8
デラロサ(ザウバー) 6
ハイドフェルド(ザウバー) 4
アルグエルスアリ(トロロッソ) 3


で、まずは、去年までのパターンで計算してみる。
1位が10ポイント、以後、8,6,5,4,3,2,1と8位まで。

1991-2009年度のF1チャンピオンシップポイントルールで
鈴鹿までのポイントを再計算

ウェバー(レッドブル) 88
ベッテル(レッドブル) 84
アロンソ(フェラーリ) 83
ハミルトン(マクラーレン) 79
バトン(マクラーレン) 77
マッサ(フェラーリ) 51
ロズベルグ(メルセデスGP) 47
クビサ(ルノー) 44
シューマッハー(メルセデスGP) 18
スーティル(フォースインディア) 15
バリチェロ(ウイリアムズ) 13
小林(ザウバー) 8
ペトロフ(ルノー) 6
ヒュルケンベルグ(ウィリアムズ) 5
リウッツィ(フォースインディア) 2
デラロサ(ザウバー) 2
ブエミ(トロロッソ) 1
ハイドフェルド(ザウバー) 1

ベッテルとアロンソの順位が逆になるんだな、これだと。
とはいえ、上位も下位はあまり変わらず、去年の方が接戦と言えるかもしれない。
9位と10位で3ポイントを稼いでいる、トロロッソのアルグエルスアリが去年ルールだとノーポイントか。

次に、88-90年のセナプロ時代。
あるいは、86-87時代のマンセル、ピケ、セナ、プロストによる四天王時代のポイントシステムでも再計算してみる。
6位までしかポイントがもらえない。こんな時代に、中嶋は毎年ポイントをとり
亜久里は6ポイントを獲得してランキング10位になった。
さてさて、我らが可夢偉はどうでしょうか?

1位が9ポイント。あとは6,4,3,2,1というシビアなシステムだった20年前で。

1961-1990年度のF1チャンピオンシップポイントルールで
鈴鹿までのポイントを再計算
※有効ポイントは無視

ウェバー(レッドブル) 66
アロンソ(フェラーリ) 64
ベッテル(レッドブル) 60
ハミルトン(マクラーレン) 56
バトン(マクラーレン) 55
マッサ(フェラーリ) 30
ロズベルグ(メルセデスGP) 23
クビサ(ルノー) 23
シューマッハー(メルセデスGP) 6
スーティル(フォースインディア) 6
バリチェロ(ウイリアムズ) 6
ペトロフ(ルノー) 2
小林(ザウバー) 1
ブエミ(トロロッソ) 1
ハイドフェルド(ザウバー) 1

こっちの方がしっくり来るのが恐ろしい。
ま、それはいいとして。

ポイント獲得は18人から15人に減り、アルグエルスワリに加えて、デラロサ、ヒュンベルクもノーポイントになる。

注目は、シューマッハがわずか6ポイント。

今年の可夢偉は本当に凄いと思うけど、ポイントだけみると、わずか1ポイント。

であれば、リジェ時代に7位を連発したニコラ・ラリーニ、ジョーダン時代にいつも7、8位にいたチェザリス、ガショーのコンビの方が、ポイントは稼いでいたんだと思うと、ちょっと不思議じゃね?

まぁ、走りがいいので、別にポイントなんかどうでもいいし、さらに言えば当時の信頼性は今と比べると、かなり落ちる。
フェラーリのベルガーが10連続リタイアとかしていたしね。
posted by 手嶋 at 18:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

映画インセプションを観た

金曜日、六本木ヒルズの映画館でインセプションを観た。

言ってみれば、これは魚の「活け造り」のような映画だ。
ピクピクしてるけど、そこが美味いねん(誰だよ)。

途中まで「けっこう、難解な映画なのか?」と思っていたが、観終わってみれば、そうでもない。
というか、途中で全てを把握するのを諦めた。
映画の前に、レストランでワイン飲んで、少しベロベロしておったしね、俺。
少しだけどね。

まぁ、全てのエピソードがストーリーに必要だと思うから、難しくなる。
というか、この映画、実はストーリーはどうでもいいのではないか? と思い始めたあたりから、面白くなった。

作中に登場するエピソードは多いし興味深い。
そして、そのエピソードが世界観にリアリティを与えている。
必然性も担保している。
夢の中で建造物を自在にコントロールするという発想、その映像化など、衝撃的だった。

ただ、長編小説だと思って観ると、おそらく疲れる。
観終わった後に「明日も仕事か、嫌だな」みたいな疲労感はある。
これは物語の全てを、貪欲に、ハングリーに、腑に落とそうとするからだ。
短編小説の映画化と思えば、文句なしの傑作だろう。
ロバート・シェクリィの短編SFに筋書きを期待するか? と言えば、そんなことはない。
設定と人間描写だけで、十分に楽しめたはずだ。

(シェクリィ、多分マイナーだから、日本人で近いとすれば、初期の筒井康隆さんの短編はわりと近いけど、まぁ違うかなぁ。星新一さんのショートショートはオチがあるから、ぜんぜん別物)

インセプションは、他人の夢の中に入り、アイディアを盗む。
アイディアを植え込む。
そのためにはターゲットに、夢の中でさらに夢をみさせる。

夢の階層が深まれば深まるほど、現実の1分が、夢では10時間になり、夢の中の夢では10日になり、10年になる。

設定ありきで進むSFなのだと割り切ると、ディテールだけ楽しむこともできる。

推理小説の禁じ手といえば「探偵自身が犯人であってはならない」「探偵は読者に提出しない手がかりで解決してはならない」といったノックスの十戒が有名だ。
まぁ、すでに陳腐化しているなども意見もあろうだろうが、言いたいことは「禁じ手」というキーワードだけなので、先に進む。

そして、SFにも禁じ手はある。

「夢落ち」である。

監督のクリストファー・ノーランは、この夢落ちをきっちりと作品に仕上げた。
やるではないか、という気分だった(どこまで上から目線だよオヤジ! という突っ込みはナシの方向で)。

夢の中の夢の中の夢の中、という設定。
この精神的なフラクタル構造を、パラレルワールドとして作り上げていく。

力技である。

建物とかぐるんぐるんする「可能性」も秘めながら、なんでもありである。

ミッション成功のために、主人公たちは「繊細な作戦」を立てる。
それは、人間の感情の隙間を縫うような、細かくも心理的な、繊細な作戦だ。
そして、成立させるために必要な舞台を力技で壮大に作り上げていく。

活け造りという料理には、繊細かつ大胆、という相反する要素が必要だ(実はよく知らないけどね、てへ)。

インセプションも活け造りのような出来だったよ。

と、ここまで書いて、活け造り食いたくなった。

さて、今日は、土曜の午後である。
これから、山下さんと三軒茶屋にメシ食いに行くことになっているが、偶然「刺身」がある店だったら、今日から俺は運命論者になる予定。


追伸 最後のトーテムのコマ。あれ、回り続けないで止まる、ような気がする、で終わらせたのは、洒落てない。やりたい気持ちは分かるけど、ああいう手法には、この監督、あまり向いてないと思うし、作品の完成度が高いんだから、結構著しいラスト、予定調和でいいと思うが、いかが?
posted by 手嶋 at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

Cisco ルータ、スイッチおよび Sun、IBM、HP サーバーなど中古販売、中古買取サイト

Cisco ルータ、スイッチおよび Sun、IBM、HP サーバーなど中古販売、中古買取サイトならば

東京ハードウェアストック

http://tokyohardwarestock.atc.co.jp/

安く調達したい方、どうぞ。だいたい、あると思います。
posted by 手嶋 at 01:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

お鍋ちん

飲食店をやったことがない素人が考えてみた。

新しいビジネスモデル。

たとえば、西武池袋線の中村橋駅。
あるいは、東武東上線の下板橋駅。

こういう駅から徒歩10分くらいで借りられる六畳が2つの、2DKくらいのアパート。
10万円未満で借りられる。

ここで料理屋をやる。

住宅街の駅から徒歩10分の三等地の飲食店に人が入るの? という話はあるが、そこは工夫をする。マーケティングの出番だ。

料理屋開店OKなアパートがあるのかどうか、よく分からないけど。
ちなみに私は、新宿の荒木町でしか見たことない。
そして、そんな設備に対して保健所がOKを出すのかどうか? それも知らない。
水周りとか、規定があってダメなのかもしれない。

まぁ、そんなことは知ったこっちゃない。
とりあえず、妄想は進む。

この料理屋は「お鍋ちん」という名前である。

メニューは酒と鍋だけ。
そう、鍋しかないのだ。
夏だろうが、関係ない。鍋だけである。
〆のおじやを作る、ごはん、たまご、海苔はある。
あとデザートも一応、ご用意。プリンとかかな。

予約制で1組2-6名。
1日8組まで。2時間。

13:00-15:00
16:00-18:00
19:00-21:00
22:00-24:00

これが2部屋。

基本的にセルフサービスで店員は酒を運ぶだけ。
鍋は予約が入ってから、作りおきにして、火にかけるだけ。
作り方は紙に書いてあって、お客さんが勝手に作る。
おじやも。

基本料金 2,000円
1名ごとに 3,000円
お酒は1人 2,000円前後かな。発泡酒、ビール、焼酎、日本酒、安いワイン、ハイボール、ウーロン茶、オレンジジュースなど。

2人なら12,000円(1人6,000円)
4人なら18,000円(1人4,500円)

売りは「民家で鍋で食べる、そういう店」という珍しさだけ。

ただ、それだけ。

まぁ、口コミになりやすいように、変な要素は散りばめておく。
たとえば「看板は普通の表札」とかアルバイトは原始人の衣装とか、電気を暗くしておいてお客さんにつけてもらう、とか、近所の人がおすそ分けに来て(これはヤラセだけど)「田舎のおはぎ」がサービスで出るとか、予約の電話を代わりにお客さんが対応してくれれば基本料金割引だとか、「部屋でセックスしないでください」と張り紙をつけてtwitterで「変な店なうwww」とか言わせる、まぁ、なんでも良いのだ。

脳に傷をつけることができれば、なんでもいいのだ。

また、アルバイトの採用を半径500メートルにして、近所の主婦や学生に頼む。
3時間からOK。地域に愛されたい。

営業開始にあたってのハードルがすごそうだけど、アパート全体の清掃なんかも引き受ける。
管理会社へ「タダで掃除してあげるから」とネゴをして、隣の家なんかには「みかじめ」も払う、みたいな裏技を駆使。
場合によっては、他5軒のOK署名をもって交渉にあたる。
住民と一緒に苦難をこえた、みたいなエピソードもマスコミが食いつきそうだから、そこらへんも、あざとくプレスリリースでアピール、取材を促す。
取材が入って、僥倖で満席にでもなれば、頼まれてもいないのに、近隣に対して「いつも満席ですみません」とお詫びのチラシを配り狂い、飢餓感をあおる狂う。大顰蹙である。が、みんな気になるのである。
みたいな、マーケティングのセオリーを丁寧に積み上げれば、駅から離れていても、そこそこ集客できるかな? と。

さて、脱線したが、具体的な売上げの計算。

1回の予約の平均売上げを2名と4名の間をとって15,000円とする。
原価が5,000円で10,000円が粗利。

年中無休でやって、1日平均3組が入ってくれれば、こんな具合だ。


月商  135万円
仕入  45万円
---
家賃  10万円
宣伝費 10万円
光熱費 5万円
消耗品 3万円
その他 10万円
通信費 2万円
保険料 1万円
人件費 36万円
固定費合計 77万円
---
利益  13万円


2組だと17万円の赤字。4組だと43万円の黒字。


初期投資はあまりかからないと思う。

敷金礼金、不動産手数料 40万円
内装 20万円
冷蔵庫などはヤフオクで 30万円
その他 10万円
---
合計 100万円

スタート時にマスコミが取り上げてくれれば、2ヶ月で回収可能だろう。

あとは下火になって、1日3組を目指す経営をする。

とすると、3年で撤退しても、1店舗につき税金を払っても200万円がキャッシュで残る。


なぜこんな計算をしたか?

上とぜんぜん関係ない、考えたビジネスモデルがある。
ITビジネスである。

ただ、それは、東京23区に1箇所ずつ、電話と住所と1人分の机が必要、というものだった。

その施設を有効活用するために、何ができるか?

の1つの案である。
posted by 手嶋 at 03:49| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする