2010年08月01日

キトボーが変わる頃

Twitterがこんな具合だ。

100801twi.jpg

いつもはくじらの画面のサーバダウンだけど、今回は珍しく予定されたメンテナンスらしい。

ちょっと誇らしげに見えるのが、なんとも言えない。

そんなこんなで、久しぶりにこちらを更新。

先日、私が講師をしたツイッターセミナーのDVDが出来上がった。

制作はスタッフに任せていたのだけど、出来上がったものは、私の写真が円盤に刻まれたものだった。

で、その顔が変だと、スタッフ全員が笑う。

2日くらい経っても、まだ笑っている。

私はあまり気にしていなかったのだけど、スタッフ全員があまりに言うので「顔とかそういうのは、ちゃんとしないとならんかな?」などと思っていた矢先に、神田昌典・湯山玲子「ビジネスの成功はデザインだ」を読んだ。

これは天啓かもしれないと、とりあえず、身だしなみに気をつけてみようかな? と思いはじめた。

モトが変でも、背景変えると、ぜんぜん良いよ、という話だったので、私にもできそうである。

ところで、生後4週間ほどで、我が家に来たオス猫の話をしたい。

名前をキトボーという。
彼は動き回り、ほんとうに落ち着きがなかった。

ネズミのオモチャで戯れると、飛んだり跳ねたり。
私はサーキット(スタミナ稽古)と称して、何度も、彼をアゲた(息が切れるまで運動させること)。

落ち着きのなさ、動きの激しさは筆舌に欠いた。
我が家にはもう一匹、4歳くらいのメス猫(にゃにゃ)がいるのだけど、同じ動物とは思えなかった。
大げさだった。
筆舌には欠かない。だって、書いてるからな。
すまん。

話を戻す。
これは飼い主である私の妄想であるが、キトボーは自分を猫とは思っていなかったはずだ。

キトボーはキトボーという固有名詞によって発生した。
そして、将来はホワイトタイガーになる、あるいは狼になる、それくらいの野望や確信があった。

俺はキトボー
まだ小さい
だが、いつか
世界を統(す)べる男

無知無力な生き物であったが、確かにあいつの目には、自らに対する強い予感があり、輝きをたたえていた。

もちろん、私からみえば「ひゃくぱーねぇ(100%無い)」わけだが、人間も幼い頃は全能感というハシカにかかる。

そのキトボーが、最近はよく寝るのである。
あたかも猫のように。
いや、猫なのだけど。
ゴロゴロと。
にゃにゃとそっくりになってきた。

ネズミのオモチャで遊んでいても、以前のように果敢にして獰猛な勢いがない。
(安全な)冒険に飢えたケダモノのような動きをしない。
今は「待つ」。
自分から行け! と思うのだが、待つ。
すでに名をなした空手のチャンピオンが、トーナメント初日は相手の出方を待ちながら、最小限の動きで勝つ、そんな感じなのである。

いま、彼はこう感じている。

「オレ、自分のことキトボーだと思っていたけど、どうも違う。オレ、猫かもしれない。なんか眠いし、あまり動きたくないし」

彼は自分を疑いはじめた。
いや、その本質に気が付いたのだ。
そして、眠いから考えるのも面倒になっているはずだ。
それこそが猫の証でもある。

生後4週間で我が家にやってきて、早くも2歳になろうとしてるオス猫は、もうキトボーではない。

キトボーは陽だまりの中、面倒くさいから「キトボー」と、なんとなく決別したのである。

「ビジネスの成功はデザインだ」で、神田氏はデザインを軽視し続けた自分への「復讐」と書いている。

復讐には見えなかったが、ダイレクトレスポンスマーケティングとの決別は明確であった。

前から、決別はしていたけれど、この本によって決定的になったと思う。

キトボーと神田さん。
今と昔。

どちらも私は好きだし、今には昔が必要だ。
posted by 手嶋 at 17:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

twitter

画面の右にある、Twitter連動窓を変更しました。

@teshimatakemoto

のアカウントは、今はあまり使ってなくて

@teshima_tbiz

にしました。
フォロフィールウェッジってやつです。blogを更新しない時も、twitterは適宜つぶやいています。


posted by 手嶋 at 16:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

ワールドカップ、パラグアイ戦を終えて

サッカー日本代表、頑張ってくれたので、ワールドカップ、楽しめた。

カメルーンに1-0勝利は凄いけど、オランダに0-1で負けたのだって、よく頑張ったと思う。信じられなかった。
デンマークの3-1勝利にいたっては、日本代表ではない、違う何かを観ているようだった。

パラグアイの0-0にしても、予選であのブラジルとアルゼンチンを破っているチームと考えただけで、嬉しい。

直前の強化試合を観て、テレビ観るのやめようかと思っていたけど、予想外の活躍。
ってか、なんで大してサッカー好きでもない自分が勝手に失望してるのか、不思議なんだけど、そこはそこ、薄っぺらなナショナリズムが刺激されたんでしょうね、手嶋の分際で。

岡田監督、すみませんでした。

当たり前だけど、我々観てる側は気楽で、やってる方が大変だろうな、と思う。
で、無責任に怒ったり、失望したり、手のひら返したりする。
ま、ノーリスクでそういう「体験」が出来ることも含めて、ワールドカップが面白いのだけど。

そうそう、ワールドカップに関係して、ツイッターでは事件もあった。
大炎上した「デマ」である。

TBSの「朝ズバ」で、みのもんたがPKを外した駒野選手のお母様に電話をかけて「息子さん、失敗しちゃったね」「日本中、がっかりだよ」と謝罪の言葉を促した、と。

このデマが一人歩きして、TBSとみのもんたへの、ネットユーザーの攻撃が始まった。

私も含めて、ほとんど裏をとらずに、どんどんと話が拡散してしまい「信じられない」「人として終わってる」「死ね」などの呟きがツイッターのタイムラインに溢れ返った。

ただ、これはデマで、みんもんたの電話インタビューは放送されていない(インタビューそのものを、したのかどうかは知らないけど、放送されなければ、ないも同じ)。

「みのもんたなら、言いそう」「TBSならやりそう」という「気分」と、ツイッターの伝播性の凄まじさを垣間見た気がきた。
そして、ツイッター独自の伝播機能である「リツイート(RT)」が持つ「迅速性」はある種の「無責任さ」が担保になっている。

試合終了後、レポーターと観戦していた駒野選手のお母様の「申し訳ない。だけど、よく頑張ったと言ってあげたい」というコメントがあり、これは他の選手たちの親族に混ざって映し出されたもので、「つるし上げ」でもなければ、それほど悪意があるものとは受け取れなかった。
しかし、そこだけ、切り取って、上のデマとあわせると、なかなか刺激的な展開になってくる。

さてさて、4年後のブラジルが楽しみになってきたが、果たして、日本がベスト8に進むために、どうするべきか?

戦略を中心とした「進むべき道」やら、若手の海外経験を推奨する、そんな記事を沢山みた。
正直、ルールもよく知らないので、なんだか分からない。
ポゼッションってなに? って感じだ。

ただ、監督や選手だけで、本当にベスト8まで行くのだろうか?

もちろん、勝負事なので、何があるか分からない。

しかしながら、あのワールドカップというものは、ベスト8、あるいはベスト4になるためには、監督、あるいは選手ではどうにもならないような気がするのは私はだけだろうか?
たとえば、私は4年に一度、大騒ぎをする。
ニワカなのである。

本当に4年後、日本を強くしたいならば、4年間、きっちりJリーグの会場の足を運んでお金を落とす。
あるいは、せめてテレビ観戦をして、周りにもその楽しさを伝えて、ファンを増やしていく。

Jリーグにお金が落ちれば落ちるほど、サッカー選手を目指す人が増えるだろう。
そうすれば、ステータスもあがって、さらに好循環が生まれる。

パラグアイ戦を終えて、主将の長谷部選手の言葉にハっとした。

自分はドイツのブンデスリーガに所属しながら「この代表の多くは、Jリーグの選手です。ぜひ、Jリーグで活躍する、個々の選手の応援もお願いします」とコメントした。

まぁ、私自身、本当にそこまでしてサッカーが強い日本が観たいのか? と言われると、考え中。

posted by 手嶋 at 18:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

言い切ること

ツイッターをやっていて、思うことがある。

140文字しかないので、断言をした人の発言が支持される傾向にある。

リツイートと呼ばれる、ツイッター独自の伝播システムについて調べていたときに、感じた。

総じて、ビジネス書、というものは、一種の断言であろう。
300ページを使えるわけだから、部分部分では、様々なロジックや、他の可能性も示唆しながら進むが、それでもやっぱり断言なのだ。

さて、そうすると、80%は正しいと思うが、20%が間違っている、となんとなく感じていても、作者は断言しないとならないフェーズというものがあるのだろう。

そんな視点で、机に積みあがっていた「整理をしなければならない、昔読んだ本」をパラパラとめくっていた。

神田昌典さんの「成功者の告白」という本は面白い。

色々な気付きのある本で、私は3回以上読み返しているが、中には首をかしげるものもある。
こんな一文だ。


収入はシンプルな法則で決まる。どれだけ多くの顧客に役立てるかだ。


なるほど、一見正しいように見えるけど、少し違うのではなかろうか?
少なくとも、中小企業にとっては。

その前に、サーチエンジン対策の話。いわゆるSEO。
様々な要素があるけど、大きな比重を占めているのが

どれだけリンクされているか?

だ。
さらに言えば

良いサイトにどれだけリンクされているか?

になる。
たとえば、本blogも含めて名もなき個人日記100からリンクされているよりも、ソニーとトヨタ自動車と朝日新聞の3社のトップページから
リンクされている方がスコアが高い。

とはいえ、個人日記100からリンクされれば、それはそれで凄いことになるのも事実。
で、先ほどの話。


収入はシンプルな法則で決まる。どれだけ多くの顧客に役立てるかだ。


資本主義経済において、この言葉はおそらく90%正しい。
しかし、年商10億円以下の会社であれば、おそらく正しさは半分になると思う。

もちろん数が少なければリスクが発生する。
理想は1社依存度が5%以下、あたりだろう。

posted by 手嶋 at 18:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

今井彰著「ガラスの巨塔」

今井彰著「ガラスの巨塔」を読んだ。

元NHKの「プロジェクトX」プロデューサーが、退社してから書いた本だ。

いや、退社しなければ、書けなかった本だ。

「卑怯な人間」を、これだけ緻密に描いた物語を、私は知らない。

筒井康隆「文学部唯野教授」の政争にはユーモアがあり、馳星周の書く裏切りには悲壮と必然があった。
北方三国志においても、関羽を殺した糜芳への嫌悪よりも、関羽の大きさが際立つだけだった。

陽のあたらない実力派の男が、ある番組をさかいにトントン拍子に出世をしていく。
そして大組織の論理に絡めとられながら、大きな力を手に入れて、それでも誠実に仕事をこなす。
面白い。

世の常であるが、絶頂期にある強者に、スキャンダルが襲いかかることは少ない。
復讐という名のスープは、冷めた頃が美味いのだろう。

主人公の西悟に、凋落の兆しが現れた頃、いままで溜まりに溜まっていた、男の嫉妬と悪意が四方八方から襲い掛かる。
翻弄される西。
職場での権限をはぎとられ、部下を失い、身体も、やがて精神も壊れていく。

この本によれば、怪文書が有効な業界というのがある。

銀行、NHK、役所など、人のお金を預かる、あるいは徴収して、運営するところだ。
怪文書の有効性、そして男の嫉妬には、なんかしらの因果関係があるんではなかろうか?
怪文書嫉妬曲線、みたいなもので関数化できそうな気がする。

ま、それはいいとして。
いずれにしろ、衝撃的な本だった。

プロジェクトXがやらせではなかった、という主張を、私はこの本で受け入れた。

とはいえ、10年来の友人が、NHKのテレビでやらせの片棒をかつがされたことも知っている。それは、酷い話だった。

結局、プロデューサーにもよるんだろう。

また、海老沢勝二(NHK元会長)の「題材」としての魅力には唸った。
名作「濁流」のタッチで高杉良が書いてくれないものだろうか(すでにあったら、失礼)。

この本は、本屋で手にとって、とりあえず買った。
会社に読むべきビジネス書を忘れてきてしまったので、読み始めたわけだが、一気に読んでしまった。

色々と来るものがあった本であるが、もっとも率直な読後感は「よくも、まぁ、著者にこれだけ書かせたな」というものだった。

裏表紙をみたら、案の定「発行者 見城徹」とあった。

さすが過ぎて、ベッドで吹いた。

posted by 手嶋 at 15:55| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

葦の簾の向こう側

私はメゾネットのマンションに住んでいる。

きとぼーという名の猫がブラインドで遊ぶために、変形してしまった。
使い物にならなくなったブラインドは、ほんとに使い物にならない。

ところで、ネットの有名人でダダ漏れ女子の、そらのさん、という人がいる。

別にスカトロジーとは関係がない。

携帯向け掲示板コミュニティサービス「そらノート」を運営する、株式会社ソラノートの女性社員さんである。

彼女は、美容室で髪を切られる様を、ネットで動画配信するなど、日常生活もダダ漏れで流す。

かと思えば、民主党の仕分け作業をライブ中継したり、孫正義さん×佐々木俊尚さんの対談をダダ漏れする。

もちろん「普通のかわいい女の子が、自分の生活をネットで無防備に垂れ流す」というポジショニングがあった上で、派生した活動なのだが、今ではすっかりジャーナリストだ。

そんなダダ漏れ女子、そらのさんのTwitterは以下。
2万4000人のフォロワーがいる。
http://twitter.com/ksorano

私はメゾネットのマンションに住んでいる。

猫がブラインドで遊ぶために、変形してしまい、使い物にならなくなった。

誰も見ない、ダダ漏れおじさん、である。

100円ショップにいくと、葦(よし)のような素材の簾(すだれ)があったので、買ってきて、装着した。

編みこまれた葦の向こうに、竹が透けてみえるように鉢を移動させると、良い感じになった。簾は100円なので、1ヶ月で壊れてしまっても、いいと思っている。

風情ある、ちょっと漏れおじさん、が出来上がった。

posted by 手嶋 at 16:36| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

値段の話。高いの? 安いの?

牛丼チェーン店の安売り合戦がとまらない。

私は牛丼は吉野家しか食べないので、いくら安くても他のお店で牛丼を食べるつもりもない。
月に一度は、吉野家に行く。
とはいえ、吉野家の牛丼よりも、松屋の焼き豚定食の方が好きだ。だから、松屋へは吉野家より多い頻度で行く。

という、私みたいな人って多いのか思っていたら、実はそうでもないらしいことに気がついた。

ちなみに、ラーメン屋には週に2回は行く。

安売りの話で思い出した話がある。

料金の高い、安いについて。


ある女性がレストランで有名な画家をみつけた。

女性は画家に言った。

「お金を払うので、何か描いていただけますか?」

画家は了承して、ナプキンに線を1本描いた。そして「100万円です」と女性に伝えた。

女性は「3秒もかかっていないのに、ですか? いくら、あなたが有名画家でも、それは高いのでは?」と言うと画家は「いいえ、3秒ではありません。私の画家としての人生50年プラス3秒です」と答えた。


ある宿屋の話。

ボイラーが壊れた。宿屋の主人は自分で直そうと3日くらい奮闘したが、まったく手に負えない。仕方ないので、お金はかかるが、専門家を呼ぶことにした。
専門家は到着してボイラーをみるなり、一発「ゴツン」と叩き、一瞬で直してしまう。
主人は請求書をみて「3秒の作業だったじゃないか? もうちょっと安くならないか?」と交渉したところ、専門家はこう答えた。

「どこを叩けば一発で直るか? それを習得するまでに、私は10年以上の月日をかけました。つまり、この請求書は、10年の経験代金と、3秒の作業代金です」


私はクライアントには、なるべく高い料金にしてください、と伝えることが多い。
それは、高くすれば付加価値をつけようと努力するし、また、クライアント自身が気づいていない、当たり前だと思っているノウハウに価値を見出したりするからだ。

ただ、今のようなデフレの時代だと、それは少し控えた方がいいかな? とも感じている。

時代の空気にあわせてビジネスを組み立てないと、ならないから。

食べ物ひとつでも、美味しさが重要な時代と、安全が大切なタイミング、安さが強みになる時流というのがあるだろう。

いつでも、全て大事だとは思うが、1つだけ打ち出すとしたら? という質問はいつも自分に投げかけておきたい。
posted by 手嶋 at 07:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする